傘の正しい捨て方、知っていますか? お勧めの処分方法4選!

お客様A

お客様A

ビニール傘が大量に溜まってしまって処分したいけど・・・

お客様B

お客様B

傘は分解したり分別してから捨てる必要があるの?

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

傘は自治体によって処分方法が異なり、不燃ごみや粗大ごみで出せる場合と、分解してそれぞれの素材ごとに出さなければならない場合があります。詳細について、詳しくご紹介いたします。

外出先で突然の雨に遭い、そのたびに新しい傘を買っていたらビニール傘や古い傘など玄関に大量に溜め込んでしまった・・・そんな方が多くなっているようです。傘は処分方法に細かな規制をかけている自治体が多く、そのまま粗大ごみや不燃ごみとして出せる自治体もあれば、分解してそれぞれの素材ごとに分別して出さなければならない自治体もあります。

では、実際にはどのように処分するのが正しいのでしょうか。今回は傘の正しい捨て方や、分解する際の注意点について詳しくご紹介いたします。

傘の処分方法4つ!正しく安全に処分しよう

お客様A

お客様A

傘の処分方法について詳しく教えてください

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

お勧めの方法は4つあります。自治体の方針によって処分方法は大きく変わってくるため、必ずお住まいの自治体に確認の上処分作業を行って下さい。詳細について詳しくご紹介いたします。

ここからは傘の処分方法について詳しくご紹介いたします。お勧めの方法は4つありますが、自治体によって処分方法は大きく変わってきますので、必ずお住まいの自治体に確認の上、処分をするようにして下さい。

1.自治体に粗大ごみとして出す

自治体によって、サイズが30cmや50cm以上のものは粗大ごみとして処分する必要があります。

この「長さの基準」は自治体によって異なりますので、必ず電話やホームページで確認してから出すようにしましょう。

傘を粗大ごみとして出す手順は次のとおりです。

  • 1

    自治体の粗大ごみセンターに電話やインターネット等で申し込む

  • 2

    処分費用分のゴミ処理券をコンビニエンスストア等の取扱店で購入する

  • 3

    購入した処理券に必要事項を記載し、傘に貼り付け指定された収集日に出す

処分費用や、何時にどこへ出すのかは、自治体によって変わってきます。申し込みの際に、必ず費用と回収日時を確認し、説明に従って粗大ゴミ回収を利用すれば問題なく処分することができます。

2.粗大ごみ以外の処分方法は自治体によって変わる

粗大ごみ以外の処分方法では、「不燃ごみ」として処分する方法があります。

例えば、大阪市では傘は全て「普通ごみ」として、奈良市では「燃やせないごみ(不燃ごみ)」として収集日にゴミ集積場所に出すことが求められています。

その他にも、粗大ごみ以外の処分方法は自治体によって変わって来ますので、処分する前に必ず自治体に確認してから捨てるのが安心です。

3.分解して自治体のごみに出す

粗大ごみに分類される傘を素材ごとに分解して「不燃ごみ」などとして捨てる方法もあります。しかし分解する際には、パイプカッターやボルトカッター、万能ばさみなどないと困難です。手持ちの工具があれば試してみてもいいでしょう。ケガに気をつけて、軍手などを使用して安全に分解していきましょう。

分解後は柄の部分、骨の部分、布、ビニール部分に分けられますので、指定された方法で出すようにしましょう。分解の方法は、下記の項目でご紹介していますので、ぜひご参考にして下さい。

 

ただし、粗大ゴミを分解してたものは回収しない自治体もありますので、分解する前にはやはり自治体の分別ルールを確認する必要があります。

4.不用品回収業者に処分を依頼する

大量の傘があり処分が大変、土日祝日で全部きれいにしたいといった場合には、不用品回収業者への処分依頼がお勧めです。ほとんどの業者は24時間365日の営業をしており、作業日時も依頼者側が指定できます。

もちろん、分解や分別、束ねておくといった手順も必要ありません。

即日対応している業者もあり、フットワークが軽いのがメリットといえます。

また、傘以外にも処分したい家具や家電などがあれば、一緒に回収してもらえるので便利です。ご自宅の掃除や片付けを行い、多くの不要品が出た際には、全部まとめて処分を依頼するといいでしょう。

ケガに気をつけて!傘を分解する方法

お客様B

お客様B

傘を分解・分別して出して欲しいと自治体に言われたけど、どうしたらいいの?

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

ビニール傘、長傘、折りたたみ傘それぞれに分解方法が異なります。手順についてご紹介していきますので、軍手を使用しながら安全に分解するようにして下さい。

自治体によっては、素材ごとに分別するよう求められます。分解した後、素材ごとに分別して指定の日に出す、という方法です。安全に傘を分解できるよう、以下で手順をご紹介いたします。軍手等を利用しながら、安全に分解・分別を行うようにして下さい。

ビニール傘の分解方法

ビニール傘は以下の方法で分解していきます。

  • 1

    ビニールの生地と骨組みをつなぐ先端のキャップを外す

  • 2

    傘の先端の「石突き」を回して外す

  • 3

    ビニールの生地を骨組みからはがす

  • 4

    手元の柄部分を外す。手で外せない場合にはペンチなどを使いましょう

柄と石突きはプラスチック、傘の生地はビニール、骨はスチールに分類されます。

長傘の分解方法

長傘はビニール傘と同じ構造をしていますが、傘の生地が「布」のため、骨組みに糸で固定されています。外すときには十分注意して下さい。

  • 1

    閉じた状態で先端部分の石突きを緩めて抜き取

  • 2

    露先についているキャップを全て引き抜き、親骨から外す

  • 3

    布の生地と親骨を結んでいる糸をハサミで切り離す

  • 4

    布を本体から引き抜いて外す

  • 5

    手元の柄部分をペンチを使って外す

柄の部分はプラスチックや皮、傘の生地は布、骨は金属やプラスチック、グラスファイバー(ガラス繊維の一種)に分類されます。特にグラスファイバーは資源ごみになる可能性もありますので、入念に確認しておくと安心です。

折りたたみ傘の分解方法

折りたたみ傘は、必ず「開いた状態」で分解作業を行わないと、上手く生地が外れません。しっかり開いて固定した上で、作業を行いましょう。

  • 1

    生地と骨組みを結んでいる糸をハサミで切る

  • 2

    全ての糸が切れたら一度傘を畳む

  • 3

    先端の石突きを緩めて抜き取る

  • 4

    露先のキャップを親骨から外す

  • 5

    生地を骨から引き抜き本体から外す

  • 6

    手元の柄部分を外す

素材は長傘とほぼ一緒です。適切に分類して処分しましょう。

傘の「溜め込み」には要注意!定期的な処分をお勧めします

傘は処分にも手間取るため、玄関にため込んでしまいがちです。特にビニール傘はコンビニエンスストアで手軽に買える分、何本も持っている方も多いようです。

傘は粗大ごみや不燃ごみとして出せる自治体も多いですが、地域によっては分解して出すことが義務づけられている自治体もあります。できるだけ定期的に見直し、処分していくことをお勧めします

大量にありすぎてどうにもならないという場合には、ぜひ不用品回収業者への処分依頼もご検討下さい。

傘の処分に関するよくある質問

お客様A

お客様A

不用品回収業者では傘をそのまま回収してくれますか?

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

はい、大量の傘も折り畳み傘もビニール傘もどんなものでもまとめてそのままお任せください。全て回収いたします!