布団の正しい処分方法4選! 注意点も交えて解説

お客様A

お客様A

布団が古くて買い替えたいど、処分方法がよくわからない…

お客様B

お客様B

簡単に安く布団を捨てる方法があったら知りたい!

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

布団の正しい処分方法や注意点について、詳しくご紹介いたします。

布団は「1日の3分の1を過ごす」大事な部分です。しっかりした布団を買って長く愛用したものの、やはり寿命が来ている気がする、でもなかなか捨てる機会がない…。こんな風に思っている方が多いのではないでしょうか。

 

実は、布団は「買ったら一生使える」ものではありません。寿命に応じて適宜買い替えていくことで、質の良い眠りを日々送ることができるのです。

 

今回は布団の寿命や正しい処分方法について、さらには布団を処分する際の注意点についても詳しくご紹介していきます。

  • 1

    いつ捨てたらいい?布団の「寿命」を知っておこう

  • 2

    これを知っていればOK!布団の正しい処分方法4選

  • 3

    布団を捨てる時に注意したいポイント

  • 4

    布団の処分なら、関西クリーンサービスにお任せください

  • 5

    布団の処分に関するよくある質問

いつ捨てたらいい?布団の「寿命」を知っておこう

お客様A

お客様A

布団に寿命なんてあるの?

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

布団の寿命は一般的に5年~10年が目安と言われています。それ以外にもきちんと「サイン」が出ますので、そのサインをご紹介します。

あまり知られていない布団の寿命ですが、一般的には敷き布団で3年、掛け布団で5年、羽毛布団で10年前後とされています。もちろん、年数だけではなく、見た目や使用感からも布団の「寿命サイン」が出てきますので、そちらを詳しくご紹介いたします。

布団の「見た目」で寿命を判断する

布団は「見た目(外見)」から判断が可能です。羽毛布団の場合は、中の羽毛が大量に外に飛び出ている、あるいは生地や布に穴・破れを見つけたら寿命のサインです。

 

羽毛布団は本来、大量の羽毛で空気の層を作り、高い保温性を維持しています。内部が損傷してしまうと、保温機能が十分に働きません。羽毛布団だけではなく、布団全体において「ボリューム感」は寿命を見分けるポイント、と覚えておくといいでしょう。

布団の「使用感」で寿命を判断する

敷き布団、掛け布団の寿命において、見た目と同様に重要なのが「使用感」です。保温性の他にも、3つのポイントがあります。

  • 1

    身体にかけたとき、異様な重さを感じる

  • 2

    洗ってもニオイが取れない

  • 3

    「へたり」があり、敷いて寝ても痛みを感じる

特に敷き布団で、3は寿命の大きな判断基準となります。無理をせず、早めに買い換えを検討しましょう。

 

また、洗ってもニオイが取れないのは羽毛布団に多く、汗や皮脂を吸った羽毛が独特なニオイを発していることが主な原因です。寿命の一つとして、買い換えを検討しましょう。

これを知っていればOK!布団の正しい処分方法4選

お客様B

お客様B

これを機会に布団を処分して新しい布団を買いたい!

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

処分にはいくつか方法がございます。どの方法によるかで手続きが変わってきますので、詳しい内容をご紹介いたします。

布団を正しく処分して、新しく買い替えたいとお考えの方には、いくつか方法があります。この項目では「布団の正しい処分方法4選」として、布団の正しい処分方法について詳しくご紹介いたします。どの方法が適しているか、ぜひ参考にしてみて下さい。

1.「粗大ごみ」として自治体に処分を依頼する

布団はサイズが大きく、ほとんどの自治体が粗大ゴミとして扱います。出す側がいくつかの手続きを取ることで、安価に自治体が回収してくれます。おおまかな手続きは以下の通りです。

(自治体によって異なりますので、必ず一度お問い合わせ下さい)

  • 1

    自治体に電話またはインターネットの電子受付を使用して捨てる日の予約をする

  • 2

    コンビニエンスストア等で「粗大ごみ回収券(粗大ごみシール)」を購入する

  • 3

    券・シールを貼って所定の場所に出す

2.布団店・通信販売業者に処分を依頼する

布団店・通信販売業者では、布団の「下取り」を行っています。布団を買うと、古い布団を無料または安価に引き取ってくれるシステムです。これを上手く活用すると、通常よりも安い価格で布団の処分が可能になります。

3.引っ越し時に引っ越し業者に処分を依頼する

布団を処分するタイミングは、寿命の他にも「引っ越し」があげられます。そのため、多くの引っ越し業者が引っ越しとセットで、布団の処分サービスを行っています。

 

自分で布団を動かすことなく、引っ越し時に無料で引き取ってくれるのが大きなメリットです。結果的に費用面でもプラスになることがあります。

 

ただし、布団の処分サービスそのものを行っていない引っ越し業者もありますので、事前確認は必要です。あらかじめ電話等で聞いておきましょう。

4.不用品回収業者に処分を依頼する

上記の3つは特別なタイミングや時間がないとなかなか難しい現状があります。特に仕事をしている方の場合、予約を取っても出せない場合が多く、引っ越しもそう何度もあるものではありません。

 

そこでお勧めしたいのが「不用品回収に処分を依頼する」方法です。自治体と比べて曜日や時間の自由度が非常に高く、フレキシブルに対応してくれます。引き取って欲しい日を指定すればその日に来てくれるのも嬉しいポイントです。

 

さらに、布団以外の不要な家具や家電、物品もまとめて処分でき、家の中がスッキリするでしょう。

 

気になる回収料金は、業者によって大きく異なります。時間のある時に問い合わせをしておく、あるいは見積もりを依頼しておくと安心です。

布団を捨てる時に注意したいポイント

お客様A

お客様A

色々わかってけど、切って捨てちゃえばバレないんじゃない?業者も本当に信用できるかわからないし…。

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

「細かく裁断して一般ゴミに出せるかどうか」は自治体によって違います。許可されていない地域で出してしまうと、トラブルや犯罪の原因になる可能性があります。また、信頼できる業者については「見分け方」がありますので、その方法についてご紹介いたします。

細かくご説明してきましたが、捨てる際の最終ポイントとして以下のようなものがあります。特に「細かく切って捨てる」は、自治体によってはNGとなっている場合があるので注意が必要です。

 

その他、適切な業者の見分け方についても、詳しくご紹介いたします。

「一般ごみ」として出す場合は、必ず自治体に確認してからにする

布団の処分が面倒で「布団を細かくハサミで切って一般ごみに出してしまおう」という気持ちになってしまう方もいらっしゃいます。しかし、地域によってはトラブルや犯罪の原因となる可能性があるため、十分な確認が必要となります。

 

まず、裁断してゴミ袋に詰め「燃えるゴミ」として出しても、布団が一般ごみとして回収不可の自治体の場合、中から綿が飛び出していればすぐに布団だとわかり回収してもらえません。近年は透明または半透明のゴミ袋が主流ですから、中身が見えてしまいます。

 

さらには、放火等の犯罪の原因となる可能性もあります。時期によっては空気が乾燥し、火がつけばあっという間に燃え移ってしまうこともあるため、やめておいた方が無難です。

 

ただし、袋に入れば、布団も一般ごみとして回収可能としている自治体もあるので、必ずお住まいの自治体に確認してから行うようにしましょう。

布団の処分に関するよくある質問

お客様A

お客様A

布団と一緒にマットレスも処分できますか?

関西クリーンサービス

関西クリーンサービス

自治体の粗大ごみとして処分する場合は、スプリング入りのマットレスなど処分できない地域もあるのでご注意ください。<br /> 不用品回収業者の関西クリーンサービスなら布団と一緒にマットレスの回収も可能です!

まとめ:正しく布団を処分して、気持ち良く買い換えをしましょう!

  • 1

    布団は自治体の粗大ごみとして安く処分することができる

  • 2

    買い換え時は寝具店で引き取ってくれることがある

  • 3

    引越しの際は引越し業者に処分を依頼できる

  • 4

    不用品回収業者は布団以外の不用品をまとめて回収してくれる

布団は愛着がわき、さらには捨てるのが面倒だと思ってしまうとなかなか処分や買い替えまで気持ちが辿りつかないものです。しかし、実際には布団にも寿命があり、買い換えのサインが出たらきっぱり処分して気持ち良く新しい布団を迎えると、夜もぐっすりと休めます。

新しい布団を買う際には、正しい布団の処分方法が必須です。ぜひ、正しく布団を処分して、気持ちの良い買い換えをしてみてはいかがでしょうか。

大阪府の回収事例

  • Before
  • After
主な回収品目
布団、寝具一式
作業時間
30分
ご利用エリア
大阪府柏原市
プラン名

作業
料金

2,500円~

京都府の回収事例

  • Before
  • After
主な回収品目
布団、プラスチックケース、雑貨
作業時間
30分
ご利用エリア
京都市中京区
プラン名

作業
料金

2,500円~

奈良県の回収事例

  • Before
  • After
主な回収品目
布団、寝具一式
作業時間
30分
ご利用エリア
奈良県奈良市
プラン名

作業
料金

2,500円~