カテゴリー:解体

滅失登記申請までの手順は室内の整理から始まり建物解体後に行う

室内整理から開始 建物解体を行い土地を売りたい場合には、まず建物内部の各部屋の室内から整理することが肝要です。 室内には箪笥やテーブル、いす、机などの様々な家具や家電製品などが存在するため、そうい…

続きを全部読む

巷で問題となっている空き家問題を一気に解決する方法

社会的にも問題化している空き家問題 テレビの報道番組や新聞などでも話題になっていますが、今、社会的に空き家問題が深刻化しているのをご存知でしょうか。 家主が死亡し誰も住まな…

続きを全部読む

事件や事故で亡くなった場合の不動産価値について検証

事故物件として明示義務がある 部屋の中で自殺や殺人、不審死や事故死など、家族に看取られての病死といったケースとは異なり、何らかの異常事由により亡くなった部屋や家を貸したり、売却するにあたっては、訳あ…

続きを全部読む

会社や店舗の倒産整理や閉店、移店時の不用品処分も丸ごとお任せ

店舗の閉店を低コストで解決 店舗の閉店は事業の不採算や売上低迷など諸事情によって起こりますが、資金的に困っての閉店でも閉店時の処分コストは大きくのしかかってきます。 店内の備品や什器の処分から、売れ残った商品や在庫品…

続きを全部読む

安心して任せられる解体業者はノウハウや経験も豊富

2016.10.25

一戸建てやアパートの解体 近年は核家族化や少子高齢化により、家主が亡くなると受け継ぐ人がいないといった住宅が増えています。 アパートなども地域によっては供給過剰となり、より魅力的な設備で入居者を呼び込むためにマンションへの建て替えを行っ…

続きを全部読む

財産であるはずの建物も空き家のままではコストが掛かります

少子高齢化の影響で人口減少が進む日本では、住宅供給が過剰となり、空き家が増加傾向にあります。 住んでいた方が亡くなったり、高齢で老人ホームに入所するなどして住む人が居なくなった住宅を相続人や後継するご家族や親族がその対応に困っているケース…

続きを全部読む
関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク