自殺や他殺、事故死による部屋の片づけはどうする?

自殺や他殺、火災やガス漏れなどによる事故死が起きた部屋の片づけ

 

悲しいことに家族や親族が独り暮らしの部屋や家族と暮らす家の一室で自殺してしまった、殺人事件が起きてしまった、火事やガス漏れなどの事故で亡くなっていた、近年増えている病死等による孤独死で少し経過してから発見された場合など、どのように対処すればいいのでしょうか。

 

ともかくは、第一発見者は警察に通報し警察の現場検証や捜査、火災などの場合は消防による現場検証もなされます。

 

その後が問題となります。

 

中には警察や消防が現場検証をしたら、そのあとも綺麗に片づけてくれるのだろうと勝手にイメージされている方もいるかもしれません。
ですが、警察や消防が行うのは現場の確認であって、その後の片づけなどはその家の所有者や残された家族や親族が行うべきことになります。

 

 

 

 

特殊清掃を頼もう

 

 

 

大量の血液や汚物、体液などが付着している、さらに時が経過して腐敗が進行し、悪臭や害虫などが発生しているといった状況は、普通の方が清掃するのは無理があります。

 

壮絶な状況で見るに堪えず、その場にいられない方もいますし、悪臭や虫などその場でいるのが困難な状況であったり、素人が手を出すと虫の拡大や感染などのリスクもあります。

 

こうした現場を専門ノウハウで清掃してくれる業者が、特殊清掃業者です。
警察などに相談すると紹介してもらえる場合もありますし、ネットなどでその地域に出張してくれる業者を探すことができます。

 

汚れた場所の洗浄はもちろん、害虫駆除や除菌、消臭などを行い、ほぼ何もなかった状態へと戻してもらえます。

 

 

 

 

遺品整理やリフォーム、解体の必要性

 

 

 

突然の自殺や事件、事故、孤独死で亡くなった後の部屋には、その人が使っていた大量の荷物が残っています。

 

異臭などがしみついており、そのまま使えない物が多いですが、故人の思い出の品などを取り出し、それ以外は処分するなどの必要がある際は、遺品整理業者や不用品回収業者に相談しましょう。

 

そのうえで、賃貸住宅や持ち家を売却したいという場合は、事故物件として賃料や売却価格は安くなってしまいますが、畳の入れ替えなどのリフォームを施すのがベターです。

 

また、これを機に建物を解体する場合も、リーズナブルに引き受けてくれる業者に相談をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク