Column

空き家を管理する上で必要な作業

そのまま放置していては地域の負担に

 

 

近年、日本では地域を問わず、空き家の増加が問題となっています。

一番の原因は少子高齢化です。

 

 

高齢者が亡くなって誰も住まなくなり、子供がいなかったり、子供が少なく受け継いでくれたりする人もいないのです。

既に別の場所に住んでいるなどの理由で、相続はしても、誰も住まないまま放置されている空き家が増えて問題となっているのです。

 

 

家は住まないとどんどん劣化すると言われています。

窓や雨戸を締め切りで内部に湿気がこもり、カビや錆などの原因になるからです。

 

 

外壁や屋根などの塗り替えなどもしなくなり、雨漏りリスクが高まり、見た目にも色あせて劣化が外観も内部も劣化が進んでいきます。

 

 

 

 

さらに庭も荒れ放題で雑草が生い茂り、植木も伸び放題となるほか、通りがかりの人がゴミを投げ捨てるなど不法投棄の温床となってしまうことも少なくありません。

 

 

誰も住まなくても頻繁に訪れて窓を開け閉めして風を通したり、草刈やゴミ掃除などをしていたりするならいいのですが、多くの方は遠方に住んでいるとか、忙しい、面倒くさいという理由で放置されています。

 

 

こういう空き家が増えると近隣の方や地域にとっては困ることが増えてきます。

 

 

劣化によって地震や台風などの際に倒壊するリスクが高まったり、災害が起こらなくても屋根瓦が落ちたり、ブロック塀などが倒壊するリスクがあります。

また、誰も住んでいないので放火のリスクや犯罪者のアジトになる、野犬や野良猫が集まる、不法投棄によってゴミ屋敷化するなど問題が多いのです。

 

 

そのため、適切に管理をするよう地域の住民からクレームが入ったり、地域の役場などから指導が入ったりすることも増えてきました。

 

 

 

 

不用品を片付けておこう

 

 

 

 

 

誰も住む人がいないと言っても、立地や古さなどから売ることができなそうとか面倒という方、子供の頃に暮らしていた思い出の場所を売るのが忍びないという方や、とりあえず、どうすべきかわからず保有しているという方は少なくありません。

定期的なメンテナンスや庭掃除などが求められますが、まず行っておいてほしいのが不用品のお片付けです。

 

 

亡くなられた場合には遺品整理も兼ねて、使わない物、古い物、要らない物を処分しておくと、管理していく上でも、いざ売却や賃貸をしたくなったときも助かります。

 

 

締め切った空き家の中に家財が詰まっていれば、家具や家電製品もどんどん劣化してしまいます。

使用できた家電製品もいつのまにか壊れてしまったり、カメラや美術品などの高価品は湿気でカビたり、錆びて使い物にならなくなったり、価値を大きく落としてしまいかねません。

そのため、まずは不用品の整理を行っておきましょう。

 

 

早い段階で行えば、劣化も少なく、売れるものもあるかもしれません。

買取してもらえることで処分費用を抑えられ、その後の管理コストの負担も軽減できる期待が持てます。

 

 

お部屋がすっきりできれば、いつでも売却したり貸したりすることもできるようになります。

いずれ売るかも、貸すかもという場合、家財が山ほど詰まった状態ではどうにもなりません。

そのときに焦って片付けを行うより、早めの段階で買取や回収で綺麗にしておくのが無難です。

 

 

不用品のお片付けを行う際にはお部屋の中だけでなく、お庭も同時に行っておきましょう。

 

 

植木鉢が転がっていたり、古い自転車や壊れたバイク、物干し竿などが散乱したりしていないでしょうか。

倉庫の中に壊れた家電製品やがらくたがパンパンに詰まっていたり、庭に何十年も前に使った子供のおもちゃや遊具、書籍類、段ボールの空き箱などが転がっていたりするご家庭も少なくありません。

 

 

人が住んでいるときはまだしも、誰も住まない状態で大量の物が庭に散乱していると放火されたり、周囲からの失火時に燃え広がったりするリスクを高めてしまいます。

 

 

庭のお片付けを行うことで火災などのリスクを減らす防災対策や、犯罪のアジトになったり、不法投棄などをされたりしない防犯対策につながります。

 

 

 

 

 

 

倒壊リスクや固定資産税の負担を抑えるなら解体も検討

 

 

 

老朽化が進んで手に負えない空き家や、耐震基準や耐火基準が低く、倒壊のリスクや火災の際に燃え上がる危険性が高い古い住宅などは解体するのも安心の方法です。

 

 

空き家をそのまま持ち続けていれば、毎年の固定資産税が発生します。

何も利益を生み出さないのに税金だけがかかるので、長い年数が経つほど金銭的な負担も高まってしまいます。

 

 

解体費用を払うことにためらわれる方もいますが、何も生み出さない空き家に多額の固定資産税を払う方がデメリットは大きいのではないでしょうか。

 

 

解体することで更地になれば、駐車場として貸したりもできますし、古い住宅がない方が更地として買い手も付きやすくなるものです

 

 

解体当日は大型車両の出入りや多少の騒音も出ますが、丁寧な養生と最新の配慮と注意を払って行うので、安全性も高くスムーズに解体ができます。

ご近隣への大きな迷惑もかからず、むしろ、更地になった方が倒壊リスクや犯罪や災害のリスクも軽減されて安心してもらえるのではないでしょうか。