破産管財物件の動産類を少しでも高く処分する方法

破産管財物件業務が中心の回収業者

 

 

破産管財物件において、いかに動産を処分するかが重要になってきます。

動産の中には、売却して換金することができるものも少なくないからです。

 

 

自己破産を申請しそれが受理された場合、破産管財人が選任されて、動産、不動産をできる限りお金に換えて債権者に平等に配当していきます。

その際にとても手間と時間がかかってしまうのが動産関係でしょう。

 

 

破産管財人は不用品回収業者などを通して、これらの動産を処分・整理していくことになりますが、不用品回収業者の中には通常の不用品回収よりも、この破産管財物件業務を中心にしている業者もあるくらいなので、自己破産によって動産の処分を余儀なくされているケースが増えていることを物語っています。

 

 

 

 

動産の高額買取

 

 

 

 

 

破産管財物件における動産の処分では、いかに高額で売却することができるかが重要になってきますが、買取可能な動産品目は多数あります。

 

 

一例を挙げると、テレビやパソコンなどの電化製品や電子機器などは高額買取の可能性が高いものです。

また家具でも、デザイナーズ家具など高級家具は古くても高額買取が可能となるケースが少なくありません。

そのほかにもホビーや工具など、あまりお金になりそうもないと思えるような品でも、独自のルートで高く買い取ってもらえる場合もあります。

 

 

店舗や会社などの場合は、事務用品をまとめて買い取ってもらえると便利で、手続きもスムーズになるでしょう。

厨房用品などもまとめ買いの対象となります。

 

 

 

 

業者選定のポイント

 

 

 

 

 

破産管財物件の動産類に関しては、少しでも高く処分することができるように、高額買取をしてくれる業者を選定することが大切になってきます。

 

 

通常のリサイクルショップでは扱いきれないような量や種類の多さになるようなケースでは、それを専門とする不用品回収業者のほうが良いでしょう

見積もりをとって比較してみると業者選定に役立ちます。

 

 

また、不用品回収業者の場合は、買取不可能なものでもそれも適切に回収することができるので便利です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

リンク