ゴミ分別のためのアプリまである大津市の細かなルール

ゴミ分別の基本と収集日

 

 
大津市のゴミ分別の概要は次のようになっています。

 
生ゴミなどの燃やせるゴミは週に2回、割れたガラスや陶磁器、傘などの燃やせないゴミは月に1回だけの収集です。

 

リサイクルに回せる資源ゴミは種類によって収集回数や方法、収集場所が異なります。

 
食品トレーやレジ袋、食品の包装などのプラスチック容器類は週に1回、

缶やペットボトルは月に2回ですが収集日は別、瓶は月に1回のみ、

牛乳パックは洗って乾かすなどしてから市民センターや小中学校の回収箱へ、

筒形の乾電池は市役所の廃棄物減量推進課または市民センターや小中学校の回収箱へ、

ボタン型の電池やリチウム、ニカド電池は販売店に返還が必要です。

 

 

 

分別アプリの活用

 

大津市ゴミの分別についてのコラム②

大津市では分別の対象が複雑で、それぞれの収集日も地域ごとに異なり、捨てる方法も細かく定められているため、市民から分かりにくいとの声や問い合わせも多く、また分別が守れずに回収できないケースや、分別が分からないとゴミを溜めこんでしまう市民も増えています。

 

そのため、ゴミの分類や出し方の解説や品目ごとの検索ができる分別辞典、地域ごとの収集カレンダーやQ&Aが確認できる「分けなび」というスマホ、タブレット向けのアプリを提供しています。

 

アプリではご自身に必要な情報の検索や確認だけでなく、不法投棄をはじめ、犬猫などの動物死骸や収集漏れなどのトラブルを写真や位置情報を添付して大津市にメールで通報できる機能も用意されています。

 

 

 

分別が面倒な方や収集日を逃してしまったら

 

大津市ゴミの分別についてのコラム③
スマホやタブレットの活用ができず、アプリを有効利用できない方や、そもそもゴミの分別が面倒、時間がないという方、夜勤などライフスタイルなどの事情で決められた日の決められた時間に捨てることが難しく、どんどんゴミを家に溜め込んでいるという方は、大津市で不用品回収やゴミ屋敷の片付けなどをしてくれる業者に依頼するのが便利です。

 

アプリを使っても分別の仕方が分からない不用品も速やかに回収してくれるので、ストレスもたまらずスムーズに処分ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

リンク