不用品回収業者と古物市場

古物市場って何?

 

古物市場をご存知でしょうか。

あまり一般にはなじみのない言葉ですが、これは古物商同士が在庫品を売買するためのオークションン会場です。

 

 

様々なルートから入ってきた品をオークション形式で落札し、自分の店舗において売ることができます。

リサイクルショップのオーナーは、店舗に持ち込まれた場合や出張買取した品だけだと、なかなか商売になりませんので、このような古物市場を利用して在庫を仕入れているわけです。

中古車などの売買と同じ仕組みですね。

 

 

この古物市場に一般の人が参加することはできません。

参加する場合には古物商許可証が必要です。

また、主催者が業歴などの参加条件を設けている場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

古物市場を利用するメリットとは?

 

 

 

 

古物市場を利用する最も大きなメリットは、探している在庫を補充することができることです。

 

 

リサイクルショップなどは店頭買取を行っていますが、必ずしも探している品が入手できるわけではありません。

そのような場合に、古物市場から必要な品を仕入れることになります。

 

 

また、買い取った品を自社内の店頭に並べず、古物市場に出品して利益を上げるケースもあります。

 

 

リサイクルショップの売買は、自社の店内で全て行われているわけではないことを知っておくと、リサイクルショップの仕組みがだんだんとわかってくることでしょう。

査定額の相場もこれら古物市場での取引価格が基準となっていることが多いです。

 

 

 

 

不用品回収業者も古物商許可証がある?

 

 

 

 

 

多くの不用品回収業者もこの古物商許可証を持っているのをご存知でしょうか

 

 

古物商許可証を持っていないと、お客様から不用品を買い取ることができません。

買い取っても販売することができないからです。

 

 

不用品回収業者は買い取った品を自社内の店舗で販売するというケースよりも、古物市場にて買い取ってもらうというケースが多いです。

本業はあくまでも不用品の回収業務であり、買取はその業務の中で必然的に生じてくるサービスの一つだと理解するほうがわかりやすいでしょう。

 

 

もし古物商許可証を持っていない業者に頼むと、全てが不用品として有償処分となってしまうので注意しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク