香港のオークション会場では日本の古美術品が人気です

断捨離や遺品整理で困ったら

 

 

部屋の中がモノであふれている、押し入れや納戸、倉庫が使っていない物や美術品などでいっぱいで整理したいという場合や、大切なご家族や身寄りのない親族などが亡くなり遺品整理をしなければならないという場合、何から手をつければいいのか困ります。

 

不要な物を捨てるのに多額の費用をかけるのは嫌だなと感じるのも人の常です。

 

そんなときに利用したいのは、有料の不用品回収や処分だけでなく、価値ある物やまだまだ使える物の買取や、無料での回収をしてくれるサービス業者です。

 

一部でも買取ができる品物があれば、その分、整理や処分コストを抑えることができますし、買取できる物だけの引き取りをお願いすれば、おこづかい稼ぎにもなります。

 

 

 

 

海外ではより高値で売れることも

 

 

 

 

有名な作者の絵画や掛け軸、陶磁器などは日本国内でも驚きの価格で買取ができますが、著名な作家のものではない美術品や作者不詳で希少価値は確認できないものであっても、海外では人気があります。

 

特に爆買いでにぎわしている中国人の間には爆買いブームの沈静化のあと、日本の古美術品ブームが巻き起こっており、古い掛け軸などを大量に買い付けに来る中国人バイヤーも増えています。

 

中国にほど近い香港のオークション会場には中国人も殺到しており、高値での落札が期待できます。

 

 

 

 

海外輸出もしている業者なら高値買取に期待

 

 

 

本気で高く売りたいなら香港のオークション会場に遺品や不要な美術品を持ち込めばいいわけですが、そのためには渡航費用などもかかり、かえってコストが上回ってしまったり、手間や時間がかかり、オークション初心者には手続き的にも難しいものがあります。

 

そこで、買取業者の中でも海外のオークションなどに出品をしたり、海外輸出を手がける業者を探して依頼すれば、香港のオークション会場で取引をしたかのような高値での買取が期待できます

 

日本国内ではそう高くは売れない美術品であっても、海外のオークション会場などで高く取引が期待できれば、それを見越した高値で買い取ってくれるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

リンク