Column

遺品整理と不用品回収の具体的な違いについてを解説

家族が亡くなった際、遺族だけで遺品を整理するのは大変な作業です。

そのため、多くの方が作業負担を軽減するため、業者に遺品整理を依頼することになります。

 

しかし、一括りに業者といっても「遺品整理業者」と「不用品回収業者」の2種類があり、どちらに依頼すればよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、遺品整理を不用品回収業者に依頼できるのか、遺品整理の専門業者に依頼するべきかについて、それぞれの違いを踏まえて詳しく解説していきます。

遺品整理の業者選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

 

遺品整理と不用品回収の違いとは?

遺品整理と不用品回収の違いを一言で表すと、それぞれ以下のようになります。

 

・遺品整理:故人が遺した物を「遺品」として敬意をもって扱うこと

・不用品回収:所有者が使わなくなった、不要になった所有物を、効率的に回収すること

 

それぞれの具体的な特徴について、以下で詳しく確認していきましょう。

 

遺品整理の特徴

遺品整理とは、故人の所有物を尊重し、敬意をもって部屋や家屋を片付ける作業です。

 

遺品整理では遺産相続にもかかわる、故人の思い出の品や貴重品を取っておいたり、遺言書や通帳、重要な書類などを探し出したりする作業も含まれます。

単に必要かどうかだけで仕分けするのではなく、故人の生きた証である遺品を整理整頓することが求められるため、単なる処分よりも手間や時間がかかります。

 

遺品整理は家族や親族など、故人と親しい間柄の人が行うか、専門の遺品整理業者に依頼するのが一般的です。

 

不用品回収の特徴

不用品回収とは、所有者が使わなくなった不用品を回収・処分してくれるサービスのことです。

主に引越しや大掃除など、不用品が大量に出るシーンで活用されます。

 

不用品回収を利用することで、分別やゴミ出しなどを自分で行わずに済み、手間を大きく省くことに繋がります。

 

不用品回収は回収・処分が主なサービス内容ですが、中には残す物と処分する物の仕分けや、分別に対応している業者も存在します。

 

遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット

ここでは、遺品整理を遺品整理業者に依頼するメリット・デメリットについて、詳しく確認していきましょう。

 

メリット:遺品の整理・仕分けから回収まで全て任せられる

遺品整理を家族や親族で行う場合、作業は数日~数週間程度かかることが多いです。

特に、故人の住んでいた家が遠方にある場合は、整理完了までに1年以上かかることもあります。

 

しかし、遺品整理業者に依頼すれば、遺品の仕分けから不用品の処分に至るまでをワンストップで任せられ、最短1日で全作業を完了させられます。

 

ただし、遺品の量によっては作業が1日で終わらないこともあります。

そのため、遺品の量が多い場合は、事前にある程度仕分けを進めておくと安心できるでしょう。

 

デメリット:不用品回収よりコストが高い

遺品整理では、敬意をもって1つひとつの遺品を扱い、遺族の思い出の品や貴重品、相続に必要な品物などを仕分けるため、非常に手間がかかります。

 

そのため、単に不用品を仕分ける不用品回収と比べ、コストが高くなりやすい点がデメリットとして挙げられます。

 

しかし、遺品整理を家族・親族だけで行う手間や時間が省けると考えれば、遺品整理業者は非常に便利な選択肢だといえるでしょう。

 

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

ここでは、遺品整理を不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットについて、それぞれ詳しく確認していきましょう。

 

メリット:作業が早く、料金が安い

不用品回収業者に依頼するメリットは、作業が早く、料金が安い点です。

 

不用品回収業者は、依頼された物をまとめて不用品として処分します。

そのため、荷物量が少なければ1時間もかからず、多い場合でも数時間程度で作業が完了するでしょう。

 

また、スタッフの拘束時間が短く、作業内容も単純なものが多いため、遺品整理に比べて料金が安く収まりやすくなります。

 

デメリット:遺品の仕分けが必要な場合は要注意

不用品回収業者を利用するデメリットとして、遺品の仕分けをしてもらえない可能性がある点に注意が必要です。

 

不用品回収とは、基本的にすべての物をまとめて処分するサービスです。

そのため、必要な物と不要な物の仕分けが必要な遺品整理には向いていません。後で気づいて「大切な物が入っていた」と言っても、対応してもらえない可能性が高いです。

 

そのため、遺品整理に対応していない不用品回収業者を利用する際は、事前に自分たちで遺品整理をして、不要な遺品だけを回収してもらうようにするとよいでしょう。

 

業者に遺品整理を依頼する際の注意点

遺品整理業者と不用品回収業者のいずれにおいても、業者に遺品整理を依頼するからには、事前に注意しておくべきことがあります。

 

ここでは、代表的な3つの注意点について、詳細を確認していきましょう。

 

注意点①:コストを抑えたいなら自分たちでできる遺品整理は済ませておく

遺品整理を業者に依頼する際、コストを抑えたいなら自力でできる遺品整理は済ませておきましょう。

 

遺品を整理することは、非常に手間と時間のかかる作業です。

そのため、業者にすべてを丸投げすると、作業時間が長くなり、その分依頼にかかるコストがかさんでしまいます。

 

特に、故人の思い出の残る品物を整理したり、遺言書や重要書類などを探索したりする作業は、故人をよく知る家族・親族の方が適しています。

したがって、遺品整理をなるべく低コストで依頼したい場合は、事前にできる範囲で整理を済ませておくことをおすすめします。

 

注意点②:ニーズに合った業者を選ぶ

遺品整理を依頼する業者は、自分たちのニーズにあったところを選ぶことが重要です。

 

遺品整理を業者に依頼する際、万人にとって正解の選択肢はありません。

たとえば、遺品整理を自力で完了できるなら、残った物を不用品回収に依頼すれば、低コストに作業を完了できるでしょう。その一方、遺品の整理も含めて任せたいなら、遺品整理業者に依頼する方が満足の行く結果が得られます。

 

いずれの場合にしても、自身が求めているサービスを見極め、それに合った業者を選定することが重要です。

業者によっては、遺品の供養や買取などのオプションサービスが用意されている場合もあるので、ニーズと照らし合わせて選ぶようにしましょう。

 

注意点③:信頼できる業者を選ぶ

遺品整理業者や不用品回収業者の中には、不当に高い料金を請求する悪徳業者が一定数存在するので、注意が必要です。

 

たとえば、見積もり無料と言いつつ訪問後に支払いを強要したり、見積もりには書かれていない作業を勝手に行い、別途料金を請求してきたりといった被害が報告されています。

 

悪徳業者の被害に遭わないためには、実際に依頼する前に、以下の点が満たされているかをチェックするのが重要です。

 

・しっかりしたホームページがあるか

・口コミやレビューが豊富にあるか

・詳細で明確な見積もりを作ってくれるか

 

これらを確認したうえで、できれば複数業者から相見積もりを取り、信頼できる業者に遺品整理を依頼しましょう。

 

まとめ

今回は、遺品整理と不用品回収の具体的な違いについて、詳しく確認してきました。

 

遺品整理は故人が遺した物を「遺品」として扱うため、仕分けなどに手間や時間がかかります。

その一方、不用品回収は不要になった所有物を単なる「物」として回収するので、作業がより効率的になります。

 

遺品整理の際、業者に求める作業は人それぞれ異なるので、ご自身のニーズを事前に把握し、それに合致したサービスを提供する業者を選ぶようにしましょう。

 

関西クリーンサービスでは、遺品整理と不用品回収の双方を実施しております。

遺品整理士の有資格者が在籍する優良事業所として認定されており、遺品の供養を含め、幅広いニーズに対応した遺品整理を行います。また、ご遺族で仕分けがお済みの場合は、不用品の回収だけを承ることも可能です。

 

電話・出張お見積りから、ご遺品の出張査定まですべて無料で承っております。

最短即日での作業も可能なので、遺品整理でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  • 対応エリア 近畿一円
    対応エリア外の地域でも
    ご相談ください。
  • 電話一本 即日対応
    真心を込めて迅速に
    対応致します。
  • 出張査定 完全無料
    いつでも無料でお見積り
    に伺います。
  • 業界最大手 明朗会計
    ご提示した金額以外
    頂くことはありません。
  • 出張買取 現金化
    買取査定後、即現金で
    お支払い致します。
  • ※1 東京商工リサーチ2019年3月「遺品整理業」調べにおいて
  • ※2 人気プランにおいて業界最安値を目指しています。