遺品整理業者が増加している背景

少子高齢化でニーズが急増

 

最近、ネットサーフィンをしていて遺品整理の広告をよく見かけると感じることやポストに投函されるチラシで遺品整理業者が目に付く機会が増えていると思いませんか。

 

 

なぜ、近年、遺品整理業者が増加しているのでしょうか。

 

 

それはもちろんニーズが高まっているからですが、ニーズが高まる背景として日本が抱える問題である少子高齢化が挙げられます。

高齢者が増え、年間に亡くなる方が増える一方、少子化で自宅を受け継ぐ方や遺品整理をする担い手が減少しています。

 

 

子供がたくさんいた時代であれば、誰かが自宅を受け継いでそのまま住んだり、兄弟姉妹や親族で遺品の形見分けをしたり、片付けをすれば済んだところが、誰も住む人がいない、片付ける人手がないと遺品整理業者へのニーズが急増している時代的背景があるのです。

 

 

 

 

単なる不用品処分とは異なるノウハウが求められている

 

 

 

 

残された家族が高齢で片付けが難しい、子供一人残されてとても一軒家の片付けはできない、子供が複数人いても別々の場所に暮らしており、仕事や子育てに忙しく遺品整理に時間が割けないといった際に遺品整理業者に相談する方が増えています。

 

 

遺品整理業者は地域を巡回しているような廃品回収業者や、単なる不用品回収業者と同じでないのをご存知でしょうか。

 

 

このゴミを捨ててとか、これは不用だから回収してというニーズに応えるのではなく、形見や思い出の品として残すべき遺品なのかの仕分け作業や書類の山の中に相続手続に必要になるような重要な書類が紛れ込んでいないか探し、希少な価値のある財産がないかを確認もしてくれる遺品や相続に関する知識や仕分けノウハウを持つプロ集団でないとなりません。

 

 

 

 

仕分けや処分に買取から供養やリフォームまで

 

 

 

 

 

とはいえ、遺品整理サービスを掲げる業者の中にも、単なる不用品回収業者も紛れ込んでいますので、依頼をする際には遺品整理を専門的に行えるエキスパートであるかを確認する必要があるでしょう。

 

 

ご遺族の想いに寄り添いながらの丁寧な仕分けから、不用品の回収や買取から、遺品の供養やリフォームまでサポートしてくれる業者ならなおベストです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク