会社や店舗の倒産整理や閉店、移店時の不用品処分も丸ごとお任せ

店舗の閉店を低コストで解決

 

 
店舗の閉店は事業の不採算や売上低迷など諸事情によって起こりますが、資金的に困っての閉店でも閉店時の処分コストは大きくのしかかってきます。
店内の備品や什器の処分から、売れ残った商品や在庫品をどうすればいいのか、全て運び出した後の店内クリーニングまで問題は山積します。
店舗を借りている場合には退去時に原状回復義務があり、店舗に合わせてレイアウト変更したり、巨大な設備などを設置した場合もすべてキレイに元通りにしなければなりません。

 

そんな時、頼れるのが不用品の回収から店内の解体、クリーニングまで一貫して頼める業者です。
それぞれの作業を個別の専門業者に依頼すると費用も高くなってしまいますが、一貫して依頼できればコストも抑えられます。
在庫商品やまだ使える什器などを買取してくれるケースもあるので、さらにコストが抑えられて安心です。

 

 

 

 

移店に伴う引っ越しも楽に

 

閉店・移店・倒産整理についてのコラム②

店舗の拡大や縮小に伴い移店や、より条件のいい場所への移店など店舗の引っ越しは意外に重労働です。
テナントを借りていた場合には、変更した店内レイアウトをすべて元に戻したり、設置した厨房機器や什器などもすべて撤去して新しい場所へと引っ越さなければなりません。
新しい場所でも使う設備の移転から、商品等の運び出しまで什器や設備を壊さないように丁寧で安心の引っ越しが必要になります。

 

こうした際も不用品処分から引っ越し、リフォームまで手掛けている業者ならすべて丸ごとお願いできて便利です。
移店先では使わない什器などは処分や買取もしてもらえ、一般廃棄物と産業廃棄物の分類やマニフェストの発行もしてもらえますので、行政や顧客、取引先からの信頼を得ながらの業務継続のためにも安心です。

 

 

 

 

倒産整理時の負担を少なく

 

閉店・移店・倒産整理についてのコラム③

 
会社の倒産整理においては、抱えた在庫の処分や事務機器や什器などの処分をはじめ、借りていた事務所の原状回復や自社ビルの売却や解体とやらなければならないこともたくさんあります。

 

こうしたとき不用品回収や処分、買取から解体や原状回復もサポートしてくれる業者に頼めれば安心です。
少しでも買取をしてもらえれば、倒産整理時の損失や費用負担を少なくでき安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

おすすめ記事

まだデータがありません。

記事カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

リンク