京都市のゴミ分別に悩んだら業者に頼もう

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%b8%82%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e5%88%86%e5%88%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a0

一般的なゴミの分別

 
京都市では資源リサイクルや地球温暖化防止などを目指し、ゴミの分別を徹底し、細かい分別ルールや出し方を定めています。

 

燃やすゴミ、缶・びん・ペットボトルと食品トレーなどのプラスチック製容器包装は、所定の集積所にて週に1回から2回のペースで収集を実施しています。

 

鍋・やかん・フライパンなどの小型金属類も分別収集日が設けられています。

 

紙パックや乾電池、使用済てんぷら油やリターナブルびん、蛍光管、せん定枝などは拠点回収とされて、定められた拠点に捨てる人が自ら持ち込む必要があります。

 

新聞や雑誌、段ボールなどの古紙涙はコミュニティ回収か古紙回収業者、水曜日の小型金属類・スプレー缶の収集日と同じ条件で出すか、回収拠点への持ち込みのいずれかに出すと決められています。

 

 

大型のゴミの分別と処分方法

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%b8%82%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e5%88%86%e5%88%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a2

高さ×幅×奥行=30×40×40cmを超える大型ごみについては京都市大型ごみ受付センターに電話をして、事前に収集の予約を行い、有料にて処分をする必要があります。
受付時間は年末年始を除く、毎日午前8時30分から午後16時30分までです。

 

また、家電リサイクル法の対象を除き、大型ゴミの対象とならないサイズの小型家電については区役所・支所、一部の商業施設等での拠点回収を実施しており、拠点に持ち込んだ場合には無料で回収をしてくれます。

 

一方、家電リサイクル法の対象となるエアコンやテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコンについては京都市では収集や回収はできず、家電リサイクル法に沿った処分が求められます。

 

 

 

分別や収集に悩んだら

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%b8%82%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e5%88%86%e5%88%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a1
小型家電や大型ゴミ、家電リサイクル法の対象となる家電製品などについては、処分にあたって特に不便を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

小型であっても持ち込むのが大変、持ち込み拠点が家から遠い場合や、大型ゴミの受付時間に仕事があってなかなか電話ができない、電話がつながらない、希望の日時に予約が取れない、家電リサイクル法に従った処分が面倒といった場合には、いつでも気軽に回収してくれる不用品回収業者が便利です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

カテゴリー

記事カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク