Column

市街化調整区域の不動産を売買するのは無理?

市街化調整区域とは?

 

 

不動産価格を大きく左右するのは立地条件ですが、そのほかにも調整区域に入っているかどうかが大きな影響を与えることが少なくありません。

土地はその所有者のものなのですが、いくらでも好きなように利用できるわけではなく、あくまでも様々な法律規制の範囲内での利用となります。

 

 

土地利用における基本的なルールを定めた都市計画法に基づいて市街化調整区域が指定されることがあります。

市街化調整区域は自然環境や景観を守るなどの目的によって、土地の開発が制限されているのです。

 

 

そして、この市街化調整区域に入ってしまった土地は、市場価値が大幅に下がってしまうのが通常です。

 

 

 

 

土地売買の注意点

 

 

市街化調整区域だからといって必ずしも売買ができないわけではありません。

 

 

たとえば、自治体が区域指定をして開発の許可を行っている場合です。

このような土地であれば、条件が大幅に見直されない限り、誰でも建築などの許可を得ることができるでしょう。

 

 

もちろん、売却もしやすいです。

 

 

なお、市街化調整区域である前に、その土地が農地として定められている場合もあります。

その場合、原則として農地としてしか利用することができないので、購入前には必ずチェックする必要があります。

 

 

 

 

市街化調整区域の不動産売買のノウハウ

 

 

 

 

市街化調整区域の不動産売買は手続きが複雑であり、ハードルが非常に高くなるために、不動産会社によっては仲介に入るのを拒否する場合もあるようです。

 

 

そうなると、一般素人には絶望的ですが、しかし逆に市街化調整区域の不動産を専門に扱っている不動産会社もあるのです。

捨てる神あれば拾う神ありとは、まさにこのことです。

 

 

市街化調整区域を専門に扱っているだけあって、どのように売買すればうまくいくのか、そのノウハウを持っています。

 

 

わからないことがあれば何でも相談することができるので、まずはしっかりと相談して、どのように不動産売買を進めていったら良いのか、アドバイスをもらうと良いでしょう。

 

 

信頼がおける不動産会社であれば、初めから全てをお任せするのも手です