肝炎や感染病で孤独死したお部屋の特殊清掃を依頼するには

孤独死や死後放置されたお部屋は危険がいっぱい

 

 

近年、高齢者や1人暮らしの若い方の孤独死や、家族そろっての病死や衰弱死、心中などの悲しいニュースが増えています。

 

死後しばらくして部屋から異臭がしたり、ハエやカラスなどが家の周りにあふれるなどして近隣の人にようやく気付かれ、家族や賃貸住宅の大家さん、不動産管理会社の方の手によって発見されることも少なくありません。

 

死後時間が経つほど遺体の腐敗は進んでしまい、腐敗臭や体液、血液などが部屋の中にしみついてしまいます。

 

これは、目の前に広がる状況に耐えがたいものがありますが、それだけではなく、感染症のリスクなど危険もいっぱいなのです。

 

 

 

 

肝炎や感染病などでの死亡は要注意

 

死因が肝炎や感染病などである場合には、その体液や血液に触れたりすることで感染するリスクもありますし、衰弱死や餓死などの場合でも蛆虫などの害虫が発生して、細菌やウィルスによる感染症を引き起こすリスクもあります。

 

とはいっても、誰も中に入らず、ずっと放置し続けるわけにはいきません。
周辺への感染リスクを防止するためにも、速やかに処理を施す必要があります。

 

一戸建ての住宅や貸家であれば、思い切って解体という方法もありますが、マンションや賃貸アパートでは他の住戸もあるのでそういうわけにもいきません。

 

そこで要請されるのは特殊清掃という、孤独死の現場や事件、事故が起きた場所を清掃して、殺菌、除菌を施す専門ノウハウを持つ業者によるクリーニング作業です。

 

 

 

 

しっかり説明して専門業者に依頼

 

もっとも、肝炎や感染リスクの高い重大な病気の感染リスクがある場合、特殊清掃業者でも引き受けてもらえないケースもあります。

 

こうしたケースでは自治体などに相談し、保健所などを通じて行政による消毒や除菌を受ける必要があります。

 

引き受けが可能な場合や、死因が感染症ではなかったケースなどの場合も依頼にあたっては、業者に死因や死後の状態などを包み隠さずしっかりと説明して了解を得ましょう。

特殊清掃をしてくださるスタッフの身体や生命を守り、感染症にかかることがないよう、リスクを事前に開示するのが依頼する方の責任でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク