「一軒家の丸ごと片付け」よくある話を片付けのプロに聞いてみました

みなさんこんにちは!不用品回収の関西クリーンサービスです。

みなさんは、大掃除や引っ越しの片付けをしているときに、懐かしい漫画や雑誌が出てきてつい読みふけってしまうなんて事、ありませんか?

「あるある~」って思った方たくさんいるはずですよね!私もです!

 

はたまた、家族と片付けているときに、すっかり忘れていた“見られたくなくて隠していたもの”が出てきて冷や汗もんだったなんて事も。。。

 

さて今回は、片付けのプロ=関クリスタッフの皆さんに、家の中を丸ごと片付けるときによくある話を聞いてみました!

共感できることから、「え~そんなんないやろ!」ってことまで。さまざまなお宅の片付けを経験してきたからこそ知っている、あるあるネタ。

ぜひ片付けの時の参考(?)にしてみてくださいね。

 

最後の「凄い事」が凄そうです・・・。
住んでいる人がいなかったら、電気とめますよね。空家の片付けをしようとしている方は要注意。冷蔵庫の中身は先に片づけたほうがよさそうです。

 

何を外そうとしているの・・・?

答え:壁に据付けられた自作の棚や、ウィンドウエアコンの補助金具などなど

苦労してもちゃんと外せます!

 

小渕元総理が「平成」の額を掲げていたあれですね!その新聞記事が「令和」の元号が決まった次の日に・・・

何十年も前のモノが出てくると時代を感じます。

 

 

10名のスタッフに聞いてみて一番多かった回答は、、、、

\思い出の品や古い品が出てくる/

 

でした!

思い出や記念の品物は捨てる機会もないですし、そもそも捨ててしまおうと考えることも少ないと思います。

もちろん、大切にされてたと思しきものはご依頼者様に必ず確認しますので安心してください!

 

ちなみに、他に多かったのは次のとおりでした。

・サビで設備の取り外しに苦労する
・トラックに乗りきらない
・害虫・害獣(の糞)が出る

一軒家の丸ごとお片付けでお困りなら、関西クリーンサービスへご相談ください。

 

LINEで相談する 

フリーダイヤル0120673373
受付時間8:00~20:00

 

更新:2020.4.1加筆修正

 

 

 

片付けのプロに、家の中を空っぽにする「丸ごと片づけ」に必要なものを聞いてみました

みなさま、こんにちは。不用品回収の関西クリーンサービスです。

 

2月も終わりを迎え、3月に入ると本格的な引っ越しシーズンがやってきます。弊社でもお片付けや不用品回収のご相談の電話がひっきりなしに鳴っています。中には、私たちのような不用品回収業者に依頼せずに自分で不用品を片づけようと思っている方も少なくはないでしょう。

 

そこで今回は、わが社の片付けのプロに、家の中を空っぽにする「丸ごと片づけ」に必要なものは何か、聞いてみました!これで私も片付け上手になれるはず!?

 

■丸ごと片づけの七つ道具を教えてください!■

なるほど。台車があると荷物を運ぶのに便利ですね。

工具もいりますね!よーし!ちょっとやる気が湧いてきた気がします!

みなさん工具は絶対必要みたいですが、さすが元大工さん。これさえあれば大丈夫!
( ..)φメモメモ(台車、ゴミ袋、工具・・・なんで金槌3回書いたんやろう・・・)

気持ち大事!やる気ゲージ溜まるのが遅い私にはやっぱり無理なのでしょうか。。。。

あー・・・なるほど。

 

以上、役に立ったのかどうなのか・・・
家の中を空っぽにする「丸ごと片づけ」に必要なものを片づけのプロに聞いてみたところ、上記のような回答となりました。

 

ご相談はフリーダイヤルまで
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

誰も住まなくなった実家の片付け。大阪市での空家の片付け お客様の声

みなさんこんにちは。不用品回収の関西クリーンサービスです。

 

先日、ゴミ屋敷寸前という状態の空き家の片付けに伺いました。片付けの合間にご依頼主様を話をさせていただく機会があり、その時の話を紹介します。

 

 

 

数か月前までご依頼主様(以下Kさんと記します)のお母様が一人で住んでいらしたそうですが、現在は誰も住まれていません。Kさん自身も幼いころを過ごしたお住まいで、独立されてからも時々訪ねていらしたという事です。

 

Kさん「この年代の人たちって、物を大切にするので捨てることができないんですよね。私も見に来る度に片づけようって言うんですけど…物が増える一方でこのような状態になってしまいました」

 

Kさんが20年前にご実家を出られてから長くご両親の二人住まいでしたが、数年前にお父様を亡くされてからお母様1人でますます物が片付かない状態に陥ったと。

 

Kさん「母は今は私の自宅の近くの施設にいて、この1.2年は誰も住んでいません。それでも私が家を片付けようと言うと、捨ててはダメと言いはって首を縦に振らなかったんです…」

 

しばらくその様な状況が続き、今回、片付けのご依頼をいただくに至ったのは何かきっかけがあったのでしょうか。

 

Kさん「きっかけというほどのことはないけれど、母も歳を取って踏ん切りがついたみたいです。いつかはしなくてはいけないと考えるようになってくれたみたいです。気持ちはまだまだ元気だけど、将来のことを考えるようになったのかもしれません」
Kさん「でも本当は今日、ここに来る時とても気が重かったんです。私はもう20年前にこの家を出て、母の持ち物が詰まった家を私が片付けていいのかって。」

 

片づけることが決まってから、何度か訪れて大切な物は持ち帰っていたそうですが、やはりそういうものなのでしょう。作業が始まってから見つかった写真や幼いころの思い出の品は、これで最後と、ご依頼主様に確認していただくことになりました。金品類も出てきて結局持ってきたスーツケースに入りきらないほどの品物を残すことに。「段ボールで送って、ゆっくり選別することにします」とKさん。

 

 

 

そして最後にこうおっしゃっていました。
「あんなに気が重かったのに、みなさん明るく作業していてなんだかスッキリしました!長い間ずっと引っかかっていたことが、みなさんの明るさでスッと荷が下りました。」

大変ありがたいですが、それは、無理に説得せずに根気よくお母様と向き合ってこられたからこそです。

 

ご実家のお片付けは手を付けるのが難しいです。

自分の部屋を片付けるよりも難しいです。

私の実家のことを考えるきっかけになりました。

 

ご相談はフリーダイヤルまで
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

出雲の国でお参りしてきました

みなさまこんにちは。不用品回収の関西クリーンサービスです。

 

早いもので今年も残り1か月・・・。先月、11月は毎年恒例の出雲大社へ参拝(社員旅行)に行って参りました。社員旅行と言っても、年中無休の関西クリーンサービスでは2班に分かれて交代で行くのです。

 

レンタルハイエースに揺られて5時間、のらりくらりと奈良から島根県出雲市へε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(• ꈊ •)┘

 

関西クリーンサービス社員旅行の様子

 

旧暦の10月(現在の11月ころ)は神無月と呼ばれていて、全国の神社で神様が不在になるというのは皆さんご存じのよく聞く話ですよね。
全国の八百万の神々はどこへ行ったのかというと、一斉に出雲大社に集まっておられるのだそうです。なので、出雲地方ではこの時期を神在月(かみありづき)と言うのだとか。
これもなんだか聞いたことがありそうです。

 

なぜ11月にみんなで出雲大社へ集まっているのかご存じですか?

 

出雲大社には大国主神(おおくにぬしのかみ)という「古事記」にも登場する日本神話の神様が祀られています。「古事記」「日本書紀」「出雲の風土記」など様々な神話に登場する大国主神は、たくさんの善行や功績が語られています。その一つが国づくりです。他の神様と協力して出雲で国づくりを果たされました。そして、たくさんいる自分の子どもたちを日本各地の神社へ派遣したのだそうです。

 

年に一度、神無月は全国に散らばった神々が大国主神のもとへ集い、来年の農作物の収穫や、人々のご縁を話し合われます。出雲大社は縁結びの神様と言われていますからね。この時期に出雲大社へお参りして、良いご縁がありますように神々にアピールするのも良いのかも。。。(考え方が汚いですか?)

 

とーってもざっくり大雑把な説明ですが、伝わったでしょうか・・・。ちなみに、出雲大社は正しくは「いずもおおやしろ」と読むそうです。知らんかった!

 

参考:出雲大社と大国主大神

 

出雲のお土産「新そば」

 

兵庫県尼崎市での丸ごと片付け

 

今年のご縁に感謝し、来年もたくさんの良いご縁がありますようにお祈りして、関西へ帰ってくると業務の再開です。

 

 

 

昔ながらの文化住宅で退去の片付けをお手伝いさせていただきました。建物は老朽化が進み、取り壊しが決まったため期日までに退去しなければならないとのお話です。不用品は地域のルールに則って分別し、二時間半ですっきりと片付けが終了しました。

 

 

 

作業人数:3人
作業時間:2時間30分
部屋の広さ(間取り):2DK
地域:兵庫県尼崎市

 

来年も、このブログで更にたくさんの作業事例を紹介してまいります。
不用品回収のお困りごとがございましたら、関西クリーンサービスへご相談ください。
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

 

奈良県桜井市にて生前整理を兼ねた不用品回収とお引越し

こんにちは!
厳しい残暑が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしですか?
関東では台風や大雨が続いて被害も出ているそうで・・・、これ以上の大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

 

本日の作業報告は、不用品回収とお引越しのご依頼です。
作業現場の奈良県桜井市まで向かいました。

 

桜井市内でのお引越し

 

作業の前に、桜井市の大きなシンボル、皆さんご存じですか?

 

スカイツリー!
あべのハルカス!

 

そんな派手なものではないですが、なんとも神々しい!
三輪山を背後にそびえたつ大きな鳥居。
大神神社(おおみわじんじゃ、と読みます)の大鳥居です(そのまんまですね)。

 


出典:大神神社公式より

 

田んぼが広がる中に、とお~くからでもわかる存在感はほんとにすごいですね。
(田舎ですから、大きな建物もないんです)
近くで見ると驚きます。日本一の大きさなんだそうです。

 

大神神社は日本最古の神社といわれていて、パワースポットにもなっています。
興味ある方はぜひ参拝してみてください。

 

さてさて、本題です。

 

 

 

今回の現場は5LDKの広いお宅なのですが、ご夫婦だけのお住まいだそうです。
生前整理もかねてきれいに片付け、市内の公営住宅に引っ越されるということです。

 

そんなわけで部屋の片付け、仕分けからお手伝いさせていただくという事になりました。
ご依頼者様と一緒に仕分けさせていただいて、押入れや戸棚の奥からは思い入れのあるものも出てくるわけですが、その一つ一つを、これからの生活に必要な物と不要な物に取捨選択していきます。

 

 

 

単純に、部屋を空っぽにする作業はとにかく細かな物を袋に詰め込んで、どんどん運んでいくだけですが、この仕分け作業はとにかく時間がかかる重要な作業です。
お子様の成長記録や写真など手放せないものもどんどん出てきて、途中からは段ボール3箱くらいにとどめようとご依頼者様からの提案がでました。
一日がかりの作業の、午前中は仕分けに専念し、午後からは同時にトラックへ積み込んでいく作業も開始します。
夕暮れ前にようやく部屋が空っぽになり、新居へ運ぶものだけを積み込んだ軽トラックと共にご新居へと向かうことになりました。

 

全ての作業が完了したときにはもう、日が暮れかけて長時間の作業でしたが、ご依頼者様から「遠方にいる子どもに頼るのも気が引けたので、何から何まで助かりました」とお声をかけていただきました。
無事にご依頼を完了することができ、一安心です。

 

今回は色んな要素が絡んだ片付けになりました。
大神神社の大鳥居に手を合わせて、事務所へ戻ることにしました。

 

生前整理引越し不用品回収、片付けや整理でお困りの時にはぜひ、関西クリーンサービスにご相談ください。
近藤でした。

 

フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

間取り2DKの丸ごとお片付けは2時間半。尼崎市にて

こんにちは。夏休みももう終盤ですね。

 

関西クリーンサービスの本社がある奈良市では、公立小学校にエアコンが取り付けられたそうで夏休みがこれまでよりも1週間短くなったのだとか!
その分宿題も少なくなったのかな?と、我が子に尋ねてみると、そんなことは全く無いようです。
子どもたちも大変だ・・・。
残り僅かの夏休み、宿題に追われている子供たちも、お仕事三昧だった方も、休暇を楽しんだ方も、夏バテにはお気をつけて!

 

お住まいを、スピーディーに丸ごと片付け

 

 

 

先日は、兵庫県尼崎市の2DKのお宅の丸ごと片付けに伺いました。独り住まいのお母様が施設に入居されるとの事で、娘さまからのご依頼です。

 

2DKというと、居間(若しくは書斎や物置部屋)と寝室、ダイニング・キッチンという感じの間取りです。長年住んできた住まいの丸ごと片付けは荷物も多くなり、要る物・要らない物、可燃ごみ・不燃ごみを分別するだけでも大変。

 

では、必要な物をひとまとめにすることだけに絞ってみてはいかがでしょう。

あとは私たちにお任せいただければ、スピーディーに解決いたします。

 

今回は、スタッフ3人で二時間半の作業でした。

 

時間を電車に例えると、「新幹線で大阪-東京」「近鉄特急でなんば-名古屋(よりちょっと長い?)」。
分別や、粗大ごみの処分方法に迷うことなく、肉体労働をすることもなく、移動時間中にお住まいをすっきりと片付けることができるということです。

 

不用品をまとめて回収・リサイクル!

 

 

 

先ほど、ごみの分別や粗大ごみの処分方法という話が出てきましたが、関西クリーンサービスでは一般家庭にある物はほぼどんなものでも回収することが可能です。回収できない物があるとすれば、生き物・・・・(今まで相談を受けたことはありませんが)。

 

今回ご依頼のお宅では主に、新聞紙や本、衣類、家具・家電を回収させていただきました。回収したご不用品は、リユースできるものと資源になる物に分別し、リサイクル処理業者の協力を得てできる限りリサイクルします。リユースする以外の物も分別することで資源となり、ゴミを減らすことにも取り組んでいるのです。

 

このように当社では、お住まいの丸ごと片付けを誠心誠意でスピーディーに作業させていただき、適切に運搬処理しています。
いつでもお気軽に、ご相談くださいませ。

 

関西クリーンサービスのおーやでした。

 

フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

京都府宇治市での丸ごと片づけ

みなさんこんにちは。毎日蒸し風呂のような日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

先日こんな記事を見つけたので、紹介したいと思います。

“平成29年度の東京23区の粗大ごみ区収集量は、58,676トンで、~中略~ 多く出された粗大ごみを品目別で見てみると、1位ふとん、2位箱物家具、3位いすで、ふとんは、現在の品目区分けで集計を始めた平成4年度から不動の1位となっています。“

引用 「東京二十三区清掃一部事務組合 東京23区のごみ処理」

 

 

ベッドがないお宅でも布団はあって、1人暮らしで部屋にいる時間が少なく、コインランドリーを利用するので洗濯機を持っていない、という人も寝るときは布団で眠ります。
布団は赤ちゃんからお爺さんおばあさんまで、みんな1人に一つ持っていて毎日使う物。
小さなお子さんはすぐに大きくなるし、汚したりして買い替えることもあるのでしょう。
でも、敷き布団はゴミ袋に入らなくて衣類のように簡単に捨てられないから、使わなくなったときに処分に困る物の代表、ということなんでしょうか。

 

言われてみれば確かに。へ~という記事をご紹介しました。

 

丸ごと撤去の作業のご依頼

 

 

 

さて、今回依頼をいただいたお宅は京都府宇治市。退去に伴い室内のものを全て回収してほしいとのお話です。
布団だけであれば、自治体の粗大ごみに出してしまえばいいですが、家の中の物全部となると・・エアコン冷蔵庫洗濯機スプリングマットはとってくれないし、大きな家具は・・・どうやって運ぶの?

 

これは困った!という時に、関西クリーンサービスがお手伝いさせていただきます!!

 

実際にお伺いすると、退去された後の室内には大きなタンスにソファやマットレス、衣類、布団などが残っていました。

室内を空っぽにするということでしたので、スタッフ3名で手際よく次々に運び出していきます。

 

大きなタンスの運び出し

 

 

 

こういった、お住まいの丸ごと片付けをさせていただいて大変なことは、やはり大きな家具の運び出しです。
婚礼家具だと造りも丈夫でとっても重く、移動させるのも大変!

 

どうすればいいの?
って考えたことのある方、少なからずいますよね。

 

毎日運んでいる私たちですら大変なんですから。

大きなタンスは二段重ねになっているものもあるので分けて運ぶのですが、まずは中の物を取り出すことからスタートです。
全部出してみると、洋服も大量になるとそこそこの重さがあることに気づきます。

 

空っぽになったら上段から二人で息をそろえて慎重に運びます。

一戸建てのお二階や、マンションからの搬出は階段や狭い通路を通ることもあるので慎重さを欠いてはいけません。

曲がり角、エレベーターではよく見て確実に、正確に。

 

3棹あったタンスを無事に運びだし、2LDKのお宅の片付けは、スタッフ3名で2時間でした。

 

タンスの数え方

 

話は変わりますが、タンスの数え方、ご存じですか?

 

一個、二個・・?
一台、二台・・?

 

ヒントは前の段落に。

そう、答えは

 

一棹(ひとさお)、二棹(ふたさお)と数えます。

一台、二台や、一本、二本というのも間違いではないそうです。

 

じゃあ何故、一棹、二棹と数えるのか、不思議ですよね。

調べてみると、由来は江戸時代までさかのぼり、、、その頃のタンスには引越しの時に持ち運びしやすいように棹通しという金具が両端についていて、そこに棹を通して運んでいたんだとか。
そのことから、タンスを一棹、二棹と数えるようになったと。

ちなみに「棹(さお)」という漢字を使っていますが、「竿(さお)」と同じ意味の漢字だそうです。

 

今はトラックまで頑張れば、あとは積み込んで車を走らせるだけでどこまでも運べますから、棹を通す金具も必要なくなったんですね。

そもそも大きくて立派なタンスを見ることも少なくなってきましたが。

もしご自宅の古い和ダンスに棹通しがついていたら、凄ーく古いものかもしれませんね。

 

雑談が多くなってしまいましたが、不要になった大きな家財道具や一軒丸ごとの片付けでお困りでしたら、ぜひご相談ください。

関西クリーンサービスの吉見でした。

フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

京都市南区にて、リフォームのための解体物の撤去

もうすぐ夏休み!皆様いかがお過ごしですか?
関西クリーンサービスはお盆も休まず営業しています!
8月のご予約も徐々に埋まり始めていますが、まだ若干の余裕があります。
ご不用品でお困りでしたらお気軽にご相談ください。

 

解体後の廃棄物の回収

 

 

 

今回のご依頼は京都市南区のお客様から。

 

余談ですが、南区と言えばかつての平安京の南端。羅城門があった場所です。羅城門と言えば芥川龍之介。寝苦しい夜のお共にしようと、依頼者様のもとへ向かう途中そんなことを考えていました。

 

それは置いておくとしまして・・・・

 

ご依頼の内容はリフォームに伴う解体物・設備の撤去です。お伺いすると家財道具や日用品はすでに何もなく、内装解体された室内。と、解体後の廃材。
(これを室内と呼んで良いのかどうか分かりませんが)

 

当社ではお住まいやオフィスのリフォームや解体も承っており、産業廃棄物回収運搬の許可を得ています。家庭の不用品以外の産業廃棄物の回収も安心してお任せください。

 

 

 

今回は廃材の回収だけでなく、キッチン設備の解体撤去もありましたので、これからリフォームされるお宅を傷つけることなく、安全に取り外します。それが済めば、どんどんトラックへ積み込むだけです。

 

廃材はとがっていたり、大きさも形もバラバラだったりしてまとめて運ぶのは大変でしたが、何度も往復してスタッフ3人力を合わせて運び出しました。意外と、エレベーターの無い3階からタンスを運び出すより大変だったかもしれません。。。

最後は、スムーズに工事に入れるように清掃して、2時間の作業でした。

 

不用品回収からリフォームまで引き受けます

 

 

 

先ほど、当社ではリフォームも承っていますと、書きました。

「そろそろ部屋の傷みが目立ってきた」「この頃お風呂(もしくはキッチン)の設備の調子が悪い」という時に考えられるリフォームですが、いざ「リフォーム工事を始めます!」となったときにまずしなくてはならない事といえば・・・

 

それは、片付けですよね。

 

そうなんです。
関西クリーンサービスでは不用品の片付けから、リフォームまでワンストップでお引き受けすることができます。もちろん解体もします。

 

いろいろな業者へ依頼して、その都度、見積りする必要がなく、最初から最後まで担当スタッフが責任をもって進捗を管理します。ワンストップだから余計な費用が掛からない、という利点も。

 

見積り・ご提案は無料ですので、お気軽にご相談ください!

 

関西クリーンサービスの杉本でした。

 

産業廃棄物の回収、リフォームのご用命はフリーダイヤルまで!
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

大阪府堺市にて引越しに伴う丸ごと片付け

引っ越し前後の不用品はいつ片づける?

 

 

 

今回お伺いしたのは大阪府堺市の依頼者様のお宅です。お引越しに伴う丸ごと片付けをご依頼いただきました。新居への引越しはすまされた後ということで、室内には引っ越し直前まで使用されていた日用品や家財道具だけが残されている状態でした。

引越しという家中の片付けをする絶好の機会に、手放すもの、買い換えるものはどのタイミングで処分するべきか、凄く悩むところですよね。要らない物は早く片付けたい・・・と思っても冷蔵庫や洗濯機は引越し直前まで使用するし、不用品回収を二度頼むのは手間で何より費用が二回分かかってしまいます。費用を浮かせようとして自分で重い冷蔵庫を粗大ごみの収集場所まで運ぶなんてことも・・・できれば避けたいです。

 

 

 

そんな依頼者様の状況を考慮し、弊社ではご都合に合わせた作業日程を組むことも可能です。今回のように引越し後の片付けならば退居期日に間に合うように、反対に引っ越し前の片付けなら引っ越し直前の日程で作業できるように様々な状況に柔軟に対応致します。もちろん、必要な物は残して指定品のみの回収もお申し付けください。

 

2DKのお部屋の引越し後の片付けは2時間30分で終了しました

 

 

 

室内に残された品物を全て運び出し、最後に簡易清掃を行って作業は終了です。ここまでの作業はスタッフ2名で2時間30分。依頼者様は立ち会いのみでお手を煩わせることなく、スピーディーに片付けを完了することができました。

 

お引越しは、片付け、梱包、運搬、また新居の片付と、労力も根気もいる作業です。そんな時にはぜひ私たち関西クリーンサービスにご用命ください。新居での新たな生活を楽しんでいただけるよう、依頼者様に満足・安心していただけるサービスをお約束します!依頼者様も、早く片付いて本当に良かったとひと安心された様子でした。

 

 

 

引っ越し前後の不用品のお困り事は、関西クリーンサービスがスピーディーに解決いたします!

 

お引っ越し作業も承っております。大手引っ越し業者様との相見積もりも歓迎です!

 

関西クリーンサービスの太田でした。

お問い合わせはフリーダイヤルまで!
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

京都府宇治市のお客様からのご依頼です。ワンルームの丸ごとお片付け

退去に伴う丸ごとお片付け

 

今回のご依頼主様は、京都府宇治市に一人でお住まいのお客様です。退去のために、全てのお品物を片付けて欲しいというご依頼でした。

 

もともとご自宅にいる時間ことが少ないとおっしゃっていましたので、お品物も多くはありませんでしたが、大きな物を運び出すこと、分別して捨てないといけないことを考えると、なかなか片づける気もすすみませんよね。それに冷蔵庫や洗濯機などの電化製品はリサイクル法が絡んで手順が面倒です。

 

そんな時は、不用品回収の関西クリーンサービスにお任せください。どんなものでも、1点からお部屋丸ごとまで、お電話1本で駆けつけます。

 

片付けのプロがスピーディーに解決します!

 

今回のワンルームのお片付けは、スタッフ2名で1時間30分の作業となりました。

 

大きな物は、部屋を傷つけないよう丁寧に、細かな物は素早く袋へ詰め、つぎつぎに外へ運び出しトラックへ積み込みます。作業終了後には、お客様から「早く片付いて良かった!」とお声をかけてくださいました。ほっとされた様子で、私たちも一安心です。

 

ご予約はお電話1本、作業は迅速に、このスピードが私たちのつよみです。即日対応できることもありますので、今、処分にお困りの不要品がございましたら気軽にお問合せ下さい。

 

安心してお任せいただける不用品回収業者であるために

弊社のスタッフはみんな、単なる作業員ではありません。お客さまへの対応や礼儀・マナーの教育を受け、現場経験を積んできたスタッフが丁寧に対応します。何よりもお客様に安心していただける事、満足していただけるサービスを提供することを第一に、今日も関西の各地へトラックを走らせております。

 

もちろん、回収させていただいたお品物は分別し、法令に従って適正に処理します。不用品回収業には産業廃棄物収集運搬の許可が必要ですが、中には無許可の業者もあるとかないとか・・・関西クリーンサービスは近畿各府県で産業廃棄物収集運搬業の許可を得ていますので、ご安心ください!

 

また、自社直営のリサイクルショップもかまえていますので、再利用できるものは再利用し、ゴミを少なくするためのシステムを自社で確立しています。不用品回収と一緒に年式の新しい電化製品などの買取もお声かけください。

 

 

今回もお客様にご満足いただけたことが何よりです。

関西クリーンサービスの太田でした。

 

ご相談はフリーダイヤルへ
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00