コロナに負けるな!がんばろう日本

お見積り・作業等、弊社スタッフがご訪問させて頂く際にマスクを無料配布致します!!

※数に限りが御座います

大阪府東大阪市での不用品回収

早いもので、もう11月も半ばです。今年もあっという間に終わってしまいそう・・・・。

 

今年は、いくつかの報道番組やバラエティ番組で関西クリーンサービスを取り上げていただいていただきました。ありがたいことにお問い合わせの電話や作業現場で「テレビを見て電話したんです。」と声をかけてくださるお客様もちらほらと。ご期待を裏切らないよう、常に誠心誠意を尽くしてご依頼にお応えいたします!

 

実は年内にまたメディアに登場するとか、しないとか~。また、近くなったらお知らせさせていただきます!楽しみに待っていてくださいね。

 

今日の作業報告ビフォーアフターは、テレビで関西クリーンサービスの仕事をご覧になり、興味を持ってくださったお客様からのご依頼でした。

 

引越しで出た粗大ごみ・不用品の処分方法

 

ご依頼の内容は、退去のために残った大型の不用品を処分してほしいとの事でお手伝いさせていただきました。

 

Before After

 

 

ここでちょっと紹介したいのですが、家庭で出た大型ごみ・不用品を処分するには関西クリーンサービスのような不用品回収業者に依頼するだけでなく、大きく3つの方法があります。

 

1つ目は、市町村の粗大ごみ収集日に出す。もしくは清掃工場などへ持ち込む。

2つ目は、家電リサイクル法の4品目は販売店で回収してもらう。

3つ目は、不用品回収業者に依頼する。

 

費用と手間を考えると、果たしてどれが一番いいのでしょうか。

 

=============================================
1、市町村の粗大ごみ収集日に出す。もしくは清掃工場などへ持ち込む。
=============================================

1番費用が掛からない方法ですが、搬出(運搬)は各自で行わなければならず手間がかかります。また市町村によって、費用や方法、回収できない物の指定などにバラつきがありルールや段取りが厄介なところも。

 

例えば、市町村によって収集日が決まっている地域もあれば完全予約制であったり、無料の地域もあれば事前に手数料券を購入しなくてはならない地域もあります。

【O市の例】
・収集車での回収:申し込み⇒1品ごとに200円・400円・700円・1000円と定められた手数料券(シール)を購入⇒品物に手数料券を貼って申し込み日に回収場所へ出す
・持ち込み:地域の担当処理施設へ予約⇒持ち込み⇒10Kgごとに90円で処理

【N市の例】
・収集車での回収:電話申し込み⇒申し込み日に回収場所へ出す(1回につき6点まで、2か月に一度利用が可能)
・持ち込み:電話予約⇒持ち込み⇒100Kgを超える分から10Kgごとに100円で処理

 

=============================================
2、家電リサイクル法の4品目は販売店で回収してもらう
=============================================

 

家電リサイクル法4品目やPCなどは市町村で回収していません。処分品が4品目だけであれば販売店で回収してもらう方法が安いです。
※家電リサイクル法4品目には「テレビ」「エアコン」「冷蔵庫」「洗濯機」が指定されています。(いずれも家庭用のもの)

 

「家電リサイクル券」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、家電量販店や郵便局で当該商品の家電リサイクル券を購入し、品物を持ち込みます。リサイクル料は1000円台から4000円台が主なところ。
※メーカーや品物によって料金が違うので、ここが少し面倒ですが商品型番を伝えれば費用を教えてくれます!

 

買い替え(同じ店舗で新規購入し、新品の搬入と処分品の搬出場所が同じである)の場合は収集運搬費の割引きがある店舗だと持ち込まなくても安く片付くかもしれません。

 

【A店で400Lクラスのメーカー品冷蔵庫の処分する例】
新規購入品の搬入がある場合:リサイクル料(4,730円)+収集運搬料(1,210円)=5940円
回収のみ、もしくは搬入場所と搬出場所が異なる場合:リサイクル料(4,730円)+収集運搬料(2,750円)=7480円

 

==============================================
3、不用品回収業者に依頼する。
==============================================

 

家庭の不用品はおおよそどんなものでも回収してもらえて、運ぶ手間もかからず一番手っ取り早いですが、他の方法と比べて費用が高くなりがちです。引っ越し前後など大量の品物をまとめて処分するなら良さ。と思いきや、少量の不用品回収を安く済ませる方法もあるんです。

 

なぜかというと、不用品回収業者は買取もしているからです。もしも買取りできるものがあれば安く不用品を処分できるチャンスです!

 

【関西クリーンサービスで400Lクラスのメーカー品冷蔵庫の処分する例】
製造3年以内の国内メーカー品であれば買取可能(型番や状態を見て査定します)⇒処分費用0円
買取り不可の場合は出張回収⇒収集運搬・回収費用8000円~

 

ちなみに関クリは持ち込みでの引き取りにも対応しています!

 

Before After

 

3つの方法を簡単に紹介しましたが、知っているようで知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

 

結局のところ、何が一番いいのか。手間と時間をかけて安く済ませるのか、費用が掛かっても一度に済ませるか。この2つのせめぎあいだと思います。

 

関西クリーンサービスはこれまで多くのお客様にご利用いただき、「頼んでよかった」「また依頼したい」という嬉しいお言葉をかけていただきました。私たちはこの言葉を励みに、とことん便利なサービスの充実に励んでおります!
今回のご依頼はエレベーターの無いマンションでの作業でしたが、約2時間で完了することができました。

 

ご依頼はフリーダイヤルまで
フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00

 

※この記事に掲載されている処分方法や料金例は記事執筆時のものです。

大阪府四条畷市にて引っ越しに伴う不用品回収とテレビの買取

前回このブログで紹介させていただきましたLINEでのお問合せ方法。おかげさまで多くのお客様にご利用いただき、ありがとうございます。

 

ご家庭の不用品にお困りで、まだ迷っているという方は是非一度お試しください。ご要望に合わせてスピーディーにお応えさせていただきます。

 

さて、本日の作業報告は、独り暮らしのお引越しで出た不用品回収に伺いました。

 

引越しで不要になった残置物を2時間で空っぽに

 

ご結婚を機にお住まいを移されるのだそうで、身の回りの物以外はご不用との事。お引越し後に残った不用品をすべて回収させていただきました。

 

自分で片づけるとなると粗大ごみの処分や運び出しなど、何かと面倒なことがあります。「ごみや不用品の処分が間に合わない」というのは、引越しのお困りごとの代表例です。私たちにお任せいただければこの通り。

 

 

Before After

 

2時間であっという間に片づけることができました。

 

不用品回収+買取で作業料金は格安

 

Before After

 

新居では不用になると言っても、まだ使えるものをお金を払って捨ててしまうのはもったいないですよね。関西クリーンサービスでは、高年式の生活家電を中心にご不用品の買取も行っています。

 

今回は液晶テレビを1点買取させていただきました。あまり使っていないのに新居に合わずに泣く泣く手放すことになった電化製品があれば、ぜひご相談ください!

 

退去時立ち会いでトラブルにならないために

 

賃貸の明け渡しの時に行う退去時立ち会いでは、劣化や汚れなどの具合を確認し、修繕費用の負担を見積りします。

 

わが家もこれまでに一度だけ賃貸マンションからの退去時立ち会いを経験しましたが、9年以上生活した室内は、結露で壁紙が剥がれ、フローリングのささくれも目立っていました。それに加えて、いたずら盛りの子猫が1匹とちびっ子が2人。内装はすべて張り替えないとダメな状態でした。

 

修繕費用の負担は入居年数も考慮されるという事ですが、わが家の場合は敷金の返還は一切ありませんでした。。。。でもこの敷金は、「故意の過失」がなければ戻ってくるものなんだそうです。

 

「故意の過失」ってなに?

 

例えば、日当たりの良い部屋はフローリングが日焼けで変色・退色してきますよね。これは自然に劣化したものなので貸主(管理者)の負担になります。では、食品や飲み物をこぼしてできたシミやカビは・・・?これは不注意や掃除を怠ったためにできた汚れとみなされ、借主(入居者)の負担となるのです。めんどくさいお風呂掃除を怠ってできた、取れないカビ汚れも借主負担となります。鍵や備品の紛失も同じく。

 

ということは備品の紛失や不注意には気をつけて、あとは普段のお掃除を怠らなければ敷金は戻ってくるっていうことなんです!

 

余談ですがちょっとだけ豆知識。
「私は大丈夫♪」と思っていても、うっかり失くしてしまう・・・
\紛失しやすい備品TOP3/

 

1 洗濯機の排水エルボ ←洗濯機を搬出するとき、排水ホースと一緒にもっていってしまうんです。
2 エアコンのリモコン ←エアコン備え付けの部屋では、片付けの途中で紛失してしまうことが。
3 クーラーキャップ(エアコンの配管を通すための壁穴のふた) ←エアコンを設置してあるときは不要なので、どこにやったか分からなくなってしまいます。

 

なくしやすい物をチェックして、紛失には十分注意が必要です。

あれ?でも・・・失くしやすいものはわかったけれど、経年劣化や汚れの線引きはどこでするのでしょうか?
経年劣化か、過失によるものかはどうやって見極めるのか。また、入居前からあったキズと入居後にできたキズではどちらが修繕費用を負担するかも変わってきます。

 

実は、退去時立ち会いでトラブルになることは非常に多いそうです。あいまいに判断されてしまわないように、はっきりと主張することも大切ですね。

 

関西クリーンサービスでは、退去時の水回り清掃など状況やご予算に合わせて片付けと一緒に作業させていただいております!特に水回りや玄関まわりの状態が、立ち合い担当者の印象を左右するともいわれます。トラブルなく明け渡しできるように退去時の清掃をお手伝いさせていただきます!

フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00
LINEで相談する!