Staff blog

京都府伏見区にて 大量の本!書類!丸ごと片付け 7LDK

みなさんこんにちは。
ぼんやりしていたら中秋の名月を見逃してしまいました。
今年は9月13日だったそうです。
毎年、今年の月見団子はいつ食べられるのかと、スマホで調べるのですが、他に知る方法はないのだろうか・・・・

 

旧暦では8月15日と決まっていたって、知っていましたか?
7月から9月を秋とされていた旧暦で、当時の人たちは中秋(秋の真ん中の日)=8月15日の月をきれいだなぁ~と楽しんでいたんだそうです。
現在はどうやって中秋を決めるのか・・・やっぱりGoogle先生に聞いてみることにしました。

 

”現在、正式に旧暦を発表する機関はありませんが、かつての法則と同様に太陽と月の動きを元にして旧暦を計算することは可能です。具体的には「秋分の日(祝日としてではなく、天文学としての日付)以前の、一番近い朔(新月)の日を1日目(旧暦八月一日)として、15日目を中秋とする」と決められます。2019年の場合、秋分の日は9月23日、直前の朔の日は8月30日です。”
引用:AstroArts

 

そしたら秋分の日はどうやって決まるん?暦や天文の謎は生半可な知識では謎が謎を呼んで混乱するだけでした。。。。
どこかの誰かが計算してワールドワイドな情報網に載せてくれるので、Google先生に聞けばすぐに何日かわかってしまうこの頃。
便利なものです。

 

天体は動いていて、季節や時間で見える場所、見える星が変わったり、気候や天気によっても全く違う姿をみせます。気分も変えてしまう大きな力を持った空の模様、奥が深くて片足をそっと踏みいれることにすら躊躇してしまいます。

 

さて、今回の作業報告は、京都市伏見区の7LDKの一軒家の丸ごと片付けです。
広い!宇宙のようです。(そんなわけありません)

 

とにかく紙!本!分別!!

 

Before

After

 

広いお宅の至る所に書類の山!冊子、雑誌!本棚だけの部屋にはびっしり本!
凄い量の紙でした。

 

でも本を捨てられない気持ち、とてもよくわかります。
雑誌もそうです。
趣味の雑誌や専門分野の本だったら特に、手放すタイミングがわからずどんどん溜まって仕舞う場所がなくなるほどになった経験・・・・・覚えがありますね。

 

Before

After

 

再生資源である紙ごみをきっちり分別して回収します。
そして、書類の中には重要な物が混ざっていることもあるので慎重に選り分けることが大切です。
私たちは、どんな現場でもご不用品の中に貴重品など大事な物が紛れていないか確認しながら片付けています。
例えば期限切れなどで不要な物であっても一旦保管し、ご依頼者様へ報告させていただきます。

 

どんなに広くてもきれいに片付けます

 

なんせ7LDKです。
部屋数が多く人手がなくて片づけて欲しい、といったご相談も多くいただきます。

 

慣れた私たちならこの通り!

 

Before

After

 

といっても、やはり部屋数が多いとそれだけ物の量も多くなるもので、今回のご依頼は丸2日かかりでの作業になりました。
スタッフ5人で作業範囲を振り分け、順に分別・片付けを進めました。

 

でも実はそれぞれの部屋や廊下・玄関が広かったので、2LDKのマンションやワンルームマンションを2人・3人で作業するときよりも作業はスムーズ。
大きな一軒家でしたが、使わなくなった家具や家電、大量の衣服や書類を、持っているノウハウを活かして丁寧かつスピーディーに片付けることができました。

 

Before

After

 

経験と実績のある当社ならではのきめ細かいサービスで、お客様のご期待以上の結果をお約束いたします。
ご相談はフリーダイヤルまで

 

フリーダイヤル 0120-673-373
受付時間 8:00~20:00