遺体の第一発見者になった場合の警察への連絡とその後の対応

 

遺体の第一発見者になったら

 

 

近年、高齢者をはじめ1人暮らしの方の孤独死や貧困世帯における家族そろっての餓死や衰弱死が増加しており、社会問題となっています。

 

連絡が取れなくなったご家族や親族、職場の同僚や部下、異臭がするとご近所からクレームを受けた賃貸住宅のオーナーや不動産管理会社などの方が様子を見に行ったところ、遺体の第一発見者になってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

 

まず、亡くなっているのか生きている可能性があるのか不明な場合は声かけなどをしながら、消防に通報して救急車を呼びます。
明らかに亡くなっていると分かった場合には焦らず、警察に連絡します。

 

事故か事件なのか病気などのアクシデントなのかを警察が確認するため、現場はそのままの状態を保ち、物を動かしたり、遺体を動かしたりしないようにしましょう。

 

 

 

 

現場検証と事情聴取や状況報告

 

警察や消防などが駆けつけてご遺体の搬出や現場検証を行い、事件性の有無などを確認します。
第一発見者は、参考になる重要な情報を持っているとして、色々と確認をとられますので、状況についてありのままを話しましょう。

 

事件性がないと分かれば比較的早く解放され、部屋や住宅の立ち入り禁止も解除されます。

 

事件と判断された場合も、基本的に現場検証が終われば、家主や所有者、オーナーなどに引き渡されます。

 

 

 

 

特殊清掃を依頼しよう

 

もっとも、警察や消防では現場の確認はしても、血の跡や腐敗による体液の掃除や異臭の除去などはしてくれません。
場合によっては特殊清掃業者などの紹介はしてくれますが、依頼するかは家主やオーナーの判断となります。

 

特殊清掃業者とは、事件や事故現場の掃除を専門的に行うノウハウと専用の機材などを持っている業者で、殺人や自殺、孤独死などの現場にも快く引き受けて駆けつけてくれます。

 

普通のクリーニングでは落ちない血液や体液などを綺麗に落として、健康被害が出ないように除菌してくれ、蛆虫やハエなどの害虫駆除や異臭の消臭などを施してくれます。

 

ほぼ元の状態に戻すことができますので、安心の特殊清掃業者を探してお願いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

リンク