相続税の計算や節税対策、遺産のスムーズな分割や処分のために

相続税の発生と生前の節税対策

 

家族が亡くなると相続税を払わないといけないと思っている方もいると思いますが、相続税はどのご家庭でも必ず発生するものではありません。

 

亡くなった方が所有していた財産の種類、たとえば、住宅の敷地や持ち家、賃貸住宅、株式や預貯金など財産の種類ごとに評価額の算定法が異なりますし、相続人の人数に応じて基礎控除といって税金がここまではかからないといった範囲があるほか、各種の免税される財産や免税や減税を受けられる制度があります。

 

その結果、相続税が発生しないケース、逆に多額の相続税が発生するケースがあります。

多額の相続税の発生が見込まれるケースでは、できる限り、生前に財産の減少や評価額の減額ができる対策をとっておく必要があります。

 

 

 

 

相続の仕方で税金額にも差が出る

 

生前に対策がとれなかったケースでも、誰がどの財産を相続するかで相続税の金額や負担に大きな差が生じます。

 

たとえば、亡くなった方の配偶者が相続する場合には相続分の半分までは相続税がかからない、1億6千万円までは非課税といった制度があります
また、未成年の子供や障害がある方が相続した場合にも税額の減額などを受けられる制度があります。

 

さらに持ち家をどんな条件で相続するかで、減額が受けられるかどうかに大きな違いが出ます。
こうした制度を全て理解したうえで、相続人だけで分割するのは困難を極めますので、法律や税金の専門家に相談するのが賢明です。
 

 

相続による遺品整理や処分

 

亡くなった方は一般的にたくさんの財産を残していきます。
もっとも、その中には土地や建物、株式や現金といった価値のあるものから、日ごろ使っていた生活家電や家具、着古した衣類や集めていた漫画や、もはや使えないようなガラクタやゴミの類まで山ほどの荷物が残されていることでしょう。

 

相続すべき価値のある品や、家族が残しておきたい形見の品、処分したい品を分けるのは大変なことです。

 

そこで遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理士の資格を持つスタッフが豊富な経験とノウハウに基づき分類や処分を手伝ってくれます。
遺品整理業者の中には相続税などの相談ができる専門家と提携していたり、紹介してくれるケースもあるので、合わせて相談にも乗ってもらいましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

リンク