核家族化で問題になる様々なニーズに応えるサービスがある

少子高齢化とともに核家族や単身者が増える

 

 

日本では少子高齢化が問題となっていますが、同時に増えているのが核家族世帯です。
核家族とは夫婦と子供のみの世帯や夫婦のみの世帯を指します。

 

かつての日本では、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしたり、孫、ひ孫世代まで同じ家に暮らすなど、代々の家族が一緒に1つの家に暮らすのが当たり前の時代もありました。
そうした時代にはお互いが生活を助け合うことができ、若い世代が働いて収入を得る一方で、祖父母世代が小さな子供の面倒を見る、その代わりに病気や介護が必要になればお嫁さんが舅や姑の世話をするなど、家族での助け合いで成り立っていました。

 

ですが、核家族世帯は極少人数で構成されており、助け合うメンバーがいません。
子供をみてもらえる家族がいないので、子供を産めないなど少子化に拍車をかけています。

 

さらに近年では結婚しない単身者世帯や、核家族世帯が配偶者の一方に先立たれ、子供がいない又は子供が独立したことによる高齢者の単身世帯も増加しています。

 

 

 

 

高齢者世帯や高齢単身世帯のお悩み

 

 

高齢者のみの世帯では何をするにも大変になり、部屋の片づけや庭の掃除なども難しくなりがちです。
知らず知らずのうちにゴミ屋敷化してしまったり、片付けたくても物が動かせないなど肉体労働が困難になってきます。

 

そんな時にはハウスクリーニングサービスや庭の掃除など何でも引き受けてくれる便利屋さん、不用品の回収や買取をしてくれる業者に相談してみましょう。
高齢者や一人では無理な仕事も、スムーズに引き受けてくれます。

 

もちろん、事前に無料の見積もりをしてくれるので納得したうえで依頼ができます。

 

 

離れて住む親や子供に何かあった場合

 

核家族のご家庭では子供の独立や進学、就職といった事由により、親と子が離れて住んでいるケースも少なくありません。
その状況で親が病気などで孤独死をしていた、子供が自殺や事件や事故などに巻き込まれて死亡したといった場合は、対応に苦慮することがあります。

 

人手が足りず、相談する相手もいない核家族世帯では、特殊清掃や遺品整理をサポートしてくれる業者に相談するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク