リサイクルできる品は低料金処分や無料引き取りも可能

有料処分と無料引き取りの境界線とは

 

 

家の中に溜め込んでいる使わない物や使えなくなった古い物を断捨離したい、そんなことを考えている方は多いのではないでしょうか。
もっとも、不用品処分をお金をかけてまで行うという事に躊躇するという方もいるかもしれません。

 

どうせなら、不用品を業者に買い取ってもらって現金を手に入れる方がいいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方はリサイクル品の無料回収などを行っている業者や、環境活動に積極的で回収する品はなるべく無駄にしないという方針で、リサイクルに積極的な業者に依頼するのがおすすめです
リサイクルができる品物は無償で回収してくれたり、中には買取ができる品もあります。

 

 

 

 

どのような品がリサイクルできるのか

 

まだ使える家電製品や家具などは綺麗にしたうえで、そのまま再利用に回すことができます。
一方、そのままでは使えなそうな物でもリサイクルにより、再資源化することができます。

 

たとえば、家電製品としては古くて使えない、動かないといった物でも、中身の部品を分解して使えたり、金属部分を溶かして再資源化が可能です。

 

壊れた自転車やバイクなども車輪などパーツごとに分ければまだ使えたり、修理を施すことで、後進国などの海外へ輸出することもできます。
着古した洋服も、そのまま使ってもらえたり、生地を使ってエコバッグなどを作成するなど別の用途で使うことも可能です。

 

 

 

 

 

環境保護や社会貢献もできる不用品処分

 

近年では不用品処分業者も回収した品を単に廃棄物として処理するのではなく、使える物や違う形で活用できるものはなるべく有効活用しようと方針を立てている業者が少なくありません。

 

恵まれない方や海外の後進諸国などへのボランティアなどを行っている団体への寄付による社会貢献や、ゴミとして処分せずに有効活用することによる環境保護活動にも積極的です。

 

こうした方針を打ち出している業者に不用品処分を依頼するほど、リサイクル品に分類してもらえる可能性が高まり、処分費用の抑制や場合によっては買取代金のゲットや無料での回収による出費のない処分も可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

おすすめ記事

まだデータがありません。

記事カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

リンク