骨董品(絵画)の価値を知る方法

 

価値が分からない骨董品はまず査定に出してみよう

 

 

遺品整理をしていると、思わぬモノが出てくるケースが少なくありません。
見たこともない絵画や桐の箱に収まった壺、歴史を感じさせる掛け軸や書など、風格ある高そうな骨董品が出てくることもあります。

 

もっとも、どのくらいの価値があるかは素人には判断がつきません。
おそらくそれを持っていた故人も、その先代から受け継いだものであったりして、価値を把握していなかったことでしょう。

 

ですが、ずっと眠らせていたままでは価値があるものなのか、そうでないのかも分かりませんから、まずは骨董品の査定ができる買取業者の査定を受けてみるのが一番です。

 

 

 

 

思ったより価値がない場合もあれば驚きの価値がある場合も

 

絵画をはじめ骨董品の価値というのは、専門知識がある人でないと判断が難しいものです。
たとえば、素人でも知っているような有名な作家の作品であったとしても、原画であるのか、それとも複製品なのかで全く価値は異なりますし、焼き物などでも1つしかない作品なのか、同等のものが大量に出回っているのかで価値に差が出るのです。

 

本物なのか複製なのかの判断から、どの時代に造られ、どの程度の希少価値があるのか、しっかり専門業者の判断を仰ぐことが大切です。
古くて高そうと思ったものがさほど価値が出ない場合もありますし、大したことなさそうと思ったものが驚きの価値を持つ場合もありますので、素人判断は禁物です。

 

 

 

 

信頼ある業者にお願いしよう

 

 

 

査定額が提示されて、それが思いもつかないほど高価な金額だったとしても直ぐに売る必要はありません。
幾つかの業者に査定してもらい、最も高く値段を付けてくれる業者を選ぶのが有利です。

 

一方、偽物だと言われたり、有名な作家の作品でも普及品であって大した価値がないなどと判断された場合も、ご自身が納得いくまで他の業者にも査定してもらいましょう。
同じ判断なのか、それとも実は価値あるものなのか、信頼のおける業者の判断を仰ぐべきです。

 

中には骨董品としての価値はほとんどない物であっても、実用品として買取をしてくれるケースもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク