葬式が済んだら遺品の供養も行いたい

葬式についての記事について 3

近年に見る葬式の形

 

 
家族葬と呼ばれる葬式のスタイルを見聞きするようになって、久しくなりました。
家族葬というのは家族や親戚、ごく親しい友人程度の少人数で故人をお見送りするというスタイルです。

 
不況で結婚式でいう地味婚がトレンド化したのと追随するように、葬式においても少人数で低予算でシンプルに行うというスタイルがトレンドになっています。

 
ご遺族の意向だけではなく、故人が生前から家族葬を望んでおり、遺族がその遺志に従うケースも少なくありません。

 

 

 

 

葬式後にもやるべきことがある

 

葬式についての記事について 1

葬式のスタイルは小規模でシンプルであっても、故人を偲び、安らかに旅だって欲しいという遺族の想いに変わりはありません。

 
葬式が滞りなく済んでも、人が亡くなるとやるべきことはたくさんあるので、葬式をシンプルにして力を残しておくのも悪いことではないでしょう。
もっとも、家族葬が増えている背景には核家族化により家族の規模が小さくなっていることや、親族関係やご近所関係、職場の人間関係が昔に比べて希薄化傾向にあることもあげられます。

 

亡くなった方に然るべき身寄りがいないケースや、ご自身一人では死後整理が難しい高齢のご遺族のみが残るケースも増えており、葬式後の遺品整理などが滞るケースも増えています。

 

 

 

 

葬式がシンプルでも供養の心は忘れない

 

葬式についての記事について 2
葬式は家族葬や密葬、1日葬などシンプルなスタイルで、お墓は後継者の存在も意識せずに済む永大供養墓や共同供養墓などであったとしても、ご遺体やご遺骨の弔いに加えて、故人の身の回りの整理にも心を注ぎたいものです。

 
たとえば、近しい親族がいないのであれば、故人が住んでいた家を売却したり、賃貸に出すほか、取り壊すことも考えられます。
その際に故人が生前使っていた物をどう処分するのか、考えたことがあるでしょうか。

 
粗大ごみに出せばいい、取り壊すのだから一緒に処分してしまえばいい、それでは供養ができません。
故人を偲びながら遺品整理を行い、処分する品はきちんとお寺で遺品供養を受けるのがベストです。

 
近年は遺品整理だけではなく、遺品供養まで幅広いサービス展開がされています
まずは、相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク