奈良市のゴミの分別ルールは複雑で分かりにくい

奈良市ゴミの分別についてのコラム①

複雑化する奈良市のゴミ分別

 

 
奈良市のゴミ分別は非常に複雑化しており、ゴミの量の削減やリサイクルによる環境資源の保護や地球温暖化防止を目指して、時代からの要請や市民の声をもとに分別の内容や捨てる方法、ルールも頻繁に変わっています。

 
現在は燃やせるゴミと燃やせないゴミ、大型ゴミ、有害ゴミと再生資源ゴミに大きく分かれています。

 
さらに再生資源対象となるものは、プラスチック製容器包装の収集と、ガラスびん・ ペットボトル・ 飲料用紙パック・空き缶の収集、 発泡スチロール製食品トレー・ 古紙類・布類などの収集がそれぞれ異なり、自治体のそれぞれ違う部署が担当しているので問い合わせ先も1つではありません。

 

 

ゴミの分別に悩む方が多い

奈良市ゴミの分別についてのコラム②
大型の定義も難しく、少しでも量が多くなったりすると大型に分類されます。
大型ゴミの収集は2か月に1回6点までなど制約があり、大量に捨てたい物があると、どんどん溜まってしまいます。

 

靴2足以上になれば大型、枯れ葉や落ち葉、雑草などをまとめたものも大型などとされていましたが、市民から分かりにくいとの声や、捨てられずに溜まってしまうという声を受け、一部が改正され、枯れ葉や雑草などは燃やせるゴミ用の袋の3分の1までの量なら燃やせるゴミとして出せるようになりました。

 

もっとも、奈良市ではとても細かく分類の対象やルールが規定されているため、分類の手間や時間がかかる、分かりにくい、収集日や収集量も制限が多く溜め込んでしまうという市民の悩みも生じています。

 

 

 

手間や時間をかけずにゴミを処分したいなら

 

奈良市ゴミの分別についてのコラム③
こうした奈良市民の悩みを解決するためには、いつでも気軽に不用品を回収してくれる不用品回収業者に依頼するのがスムーズです

 

有料での処分になることもあれば、リサイクルできる品などについては無料回収ができることもあります。
また、まだ使える物や価値が高い物は買取してもらえる場合もあり、大量の不用品がある場合にはトータルして低コストで処分が可能となります。

 

何より、分類の手間や時間、労力をかけずに業者に持って行ってもらえるのが一番のメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク