神戸市の細かなゴミ分別ルールと罰金に困ったときは

検索サイトがあるほど細かなゴミ分別

 

神戸市では大きく燃やせるゴミ、燃えないゴミ、大型ゴミ、缶や瓶、ペットボトルやプラスチック、紙類などの資源ゴミなどに分別が徹底されており、神戸市のホームページ内にどの分類になるかを検索するサイトが設けられるほど、細かく分別しなければなりません。

 

別途依頼が必要な大型ゴミ以外は、地域ごとに決められた収集日当日の午前5時から午前8時までの間に決められた場所に、決められた指定袋に入れて出さなければなりません。
指定袋はスーパーやコンビニエンスストア、ホームセンターなどで販売されているものを使う必要があり、つまりゴミを出すのは有料となります。

 

有料ゆえにパンパンに詰め込みたくなりますが、片手で持てる重さを限度にして、しっかり結べる量でなければなりません。

 

もし、ルールを破ると条例に基づき、10万円以下の罰金が科せられることがあるので注意が必要です。

 

 

 

神戸市民が守りたい3R

 

%e7%a5%9e%e6%88%b8%e5%b8%82%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e5%88%86%e5%88%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a0

 
神戸市ではゴミの削減によるエコに徹底的に取り組んでおり、市民に向けて3Rを心掛けるよう呼びかけています。

 
ゴミを減らすリデュースとして、マイバッグを持参してレジ袋を断る、過剰包装を断る、詰め替えできる商品を選ぶ、買い過ぎや食べ残しをなくすなどを推進しています。

 

ものを繰り返し大切に使うリユースの推進も図っており、不用品は他人に譲る、リサイクルショップやガレージセールを利用する、神戸市が運営に関わるリサイクル工房の不用品リユース情報掲示板を利用するよう呼びかけています。

 

そして、もう一度資源として活用するリサイクルの推進もしています。
缶・びん・ペットボトルと容器包装プラスチックは分別して決められた収集日に出すこと、古紙などは地域の資源集団回収活動や店頭回収に出すよう市民に呼びかけています。

 

 

 

 

分類や罰金に困ったら

 

%e7%a5%9e%e6%88%b8%e5%b8%82%e3%82%b4%e3%83%9f%e3%81%ae%e5%88%86%e5%88%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a2

 
忙しい方や分類や持ち込みに手間や労力をかけられない方にとって、ゴミ出しはストレスにもなり、万が一違反した場合の罰金も気になるところです。

 

ゴミ出しでストレスを溜めないよう、いつでも気軽にあらゆる不用品を回収してくれる不用品回収業者を利用すると便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク