遺産を相続放棄するメリットとその方法とは

遺産相続放棄について①

遺産の相続放棄とは?

 

相続放棄は相続する権利を持つ相続人が、遺産は全て要らないと権利を放棄することをいいます。
民法という法律の規定で定められた制度であり、定められた手続きに則って行わなければ放棄をすることができません。

 

相続というと土地や家、現金などの財産が働かずして手に入り、有利なこととイメージされます。
一般的に相続のイメージはお金や資産などを相続することで、魅力的なことに思われがちですが、実はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も相続してしまいます。
多額の借金を残して亡くなった場合、相続人がその借金を相続し、自らの財産を使ってでも返済しなければなりません。

 

そこで、民法では自分が背負ったわけではない借金で苦しめられることがないよう、相続放棄の制度を設けました。

 

 

相続放棄でできること

遺産相続放棄について③
相続放棄のメリットとしては借金から免れることができるという点が1つありますが、民法ではそれ以外の趣旨もあると考えられています。

 

たとえば、相続する方の価値観や考え方の尊重です。
地道に働いて得る収入や資産にこそ価値があると考えている方は、棚ぼた的な利益を得ることを潔しとしない場合や、かえって自分の生活が堕落すると考える方もいます。
プラスの財産だけの場合でも相続放棄を行うことで、ご自身の考えや生活スタイルを優先させることができます。

 

また、相続人の中にご年配の方で働けない方や生活に困っている方、まだ幼い妹や弟がいるといった場合、働いて収入が得られる自分は相続を放棄し、生活が大変な方の相続分を増やして支援できるというメリットもあります。

 

 

手続き方法

 

遺産相続放棄について②

相続放棄の手続きは相続があったことを知った日から3か月以内に、家庭裁判所を通じて行わなければなりません。
これは手続きの安定性を図り、債権者の保護を図る趣旨と放棄を行う本人を保護する意味があります。

 

故人が残した借金の請求をしたいのに、いつまでも放棄するか否か分からなくては債権者が困ってしまうため、期限を設けています。
また、本人は相続したいのに他の相続人が無理やり放棄させることがないよう、家庭裁判所を通じて本人の意思を確認し、公正な手続きができるようになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク