高齢化社会に対応して行くために

高齢化社会と孤独死

 
私たちの国は、世界でも首位に立つほど高齢化が進んでいる国です。
平均寿命が男性がこれまで70歳代であったのが、現在では80歳代に乗りました。
また100歳を超える人口は、約6万人になります。
そして、80歳代を超える人の人口は1000万人とも言われているのです。

 

そんな高齢化社会に向き合うには、若い世代の方だけではなく、お年寄りも向き合わなければなりません。
核家族となり、家族が独立して一人暮らしを始めるお年寄りが増えています。

 

実家から遠く離れた場所で生活をする子供たちに頼る事が出来ず、年金で生活をしていると、生活水準が低くなったという方も多いのではないでしょうか。
そうなると孤独死が多くる事が考えられ、現在でも各メディアで取り上げられるほど大きな問題へと発展しています。

 

 

高齢化社会とゴミ屋敷

高齢化社会について 2
家族と一緒に住むことが出来ないといった事だけではなく、自立した生活を送りたいと考えている高齢者にとってもこうした問題は避けては通れないでしょう。

 

高齢化がもたらす多くの問題点には、医療費が充実していない事や社会保険費の負担がお幅に増えたこと、そして介護負担が増えていることなども考えていかなければなりません。
一人ひとりの生活水準がこれまでよりも低くなれば、それだけもったいない、捨てることが出来ない、などゴミ屋敷化してしまう恐れも考えられます。

 

 

生前整理を考える

高齢化社会について 3
高齢化社会でやはり考えておきたい事は、いつまでも元気というわけではないという事です。
身体が元気なうちに生前整理の事を考えてみませんか。

 
現代人は仕事に追われている人が多く、また共稼ぎをしている人も多くいて、大切な家族が亡くなった後、遺品整理をする時間がとれないとお悩みの方も多くいらっしゃいます。
このような事態を回避するために、生前整理が役立ちます。

 
生前整理を行うと、後に残されるご家族、ご親族の遺品整理の負担を軽減するだけでなく、ご自身の心をすっきりさせて気持ちよく老後の生活を送ることができます。

専門業者に依頼すれば、相談から一連の作業まですべてを引き受けてくれます。

不用なタンスや物置部屋に入っているもう使わない不用品などを処分をし、相続のことなども含めて思い切って身辺整理をしておきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

リンク