特殊清掃の業者の仕事

特殊清掃について 1

特殊清掃とは何か

今日、4人に1人が65歳以上の高齢者という状況で、独り暮らしの人も想像以上に多いです。
その中で家族や近所の人などとの接触を断ってしまう事による孤独死がとても増えており、驚くことに年間1万5千人にも及びます。
誰かがそれにともなう最後のお片付けのお手伝いをしなければなりません。
親族の方が行うのが一般的ですが、状況によっては部屋に臭いがしみついていたりと個人で対処しきれない場合もあります。
最後のお片付けは特殊清掃と呼ばれますが、この特殊清掃を行う専門業者がありますので、依頼する事も可能です。

 

特殊清掃業者

特殊清掃について 2

特殊清掃業者は部屋のお片付けをしたり消毒したりするだけでなく、部屋に染み込んでしまった強い臭いを特別な薬品を使って消したりします。
床や壁紙をはがして消毒や消臭を行い、状態によっては壁や天井もはがすことが必要になる場合もあるでしょう。
この作業は豊富な知識がある特殊清掃士、内装工事をする職人が行います。
なお、特殊清掃業者の中には自殺の現場や高所にも対応する所や小動物の死骸を除去、ゴミ屋敷を片付け、排水管の洗浄や水槽の清掃などを行ってくれたりする所もあります。

 

特殊清掃業者を選ぶ際の注意点

特殊清掃について 3

今日の高齢化した日本において、誰しも家族などの孤独死により特殊清掃業者に依頼することが必要になる時がくる可能性があります。
その時に備えて、業者の選び方を知っておくと良いでしょう。
中には部屋のお片付けしかしない所もありますので、消臭もしてくれるか確認しましょう。
予想以上の高額が請求されたということがないよう、料金も事前に確認しておくことが大切です。
業者に依頼後の流れについては、まず状況などを細かく聞かれます。
それを元に対応策を考えた上でプランを提案してくれ、サービス内容や概算の料金などに納得できれば、見積日などを決めていきます。
その日のうちに見積ってもらえることもありますので、早ければ30分以内に正確な見積金額を提示してもらえるでしょう。
見積料金に納得すれば、どのような作業をどのような手順で行うかの説明を受け、その後、作業が開始されます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

リンク