粗大ゴミ、不用品回収は処分方法を理解した上で正しく選ぼう

粗大ゴミ、不用品について 1

家庭で出る粗大ゴミ、不用品の処分方法

家庭内では通常のゴミとして処分できる物も沢山出ますが、時には粗大ゴミなどが出る場合もあります。
自治体によって処分方法は違い、通常のゴミと同じように捨てる事が出来ないため処分が面倒だと感じてしまう人も多いです。
しかし、不要な物をそのまま自宅に置いておくと場所を占有してしまうため、あまり良いとは言えないでしょう。
そのため必要ないと判断したものは、出来るだけ早い段階で処分する事が重要です。
家庭で出る粗大ゴミ、不用品の処分方法は主に二つあります。
一つは自治体などで回収してもらう方法で、自分で回収する場所まで運ぶ必要があったり、処分する物によっては費用が発生する事も少なくありません。
もう一つは回収業者を利用するという方法です。
この場合は自宅まで回収に来てもらえる場合もあるので、自分たちで運ぶ必要がないため気軽に利用できます。

 

自治体に出す場合

粗大ゴミ、不用品について 2

粗大ゴミ、不用品を処分する場合は自治体で回収してもらう方法があります。
事前に費用を払っておく必要がある場合もありますが、自治体によって扱いが違うため、事前に調べておく事が必要です。
また、処分場まで持ち込むと無料と言う場合や収集に必要となる費用は処分したい物によっても違う場合があります。
回収日時も自由ではなく、自治体によって制限されていたり問い合わせてから数週間後となる可能性もあるので、早めに電話などで問い合わせておきましょう。

 

不用品回収業者に依頼する場合

粗大ゴミ、不用品について 3

不用品回収業者に依頼する場合は連絡するだけで不用品を引取りに来てもらえる場合も多いため、手軽です。
ただ、業者によって回収に必要となる費用が違い、無料の所もあれば有料の所もあるので注意しなければいけません。
また、回収した後の不用品の処分を正しく行わず、不法投棄してしまうという事も起きているのが現状です。
環境破壊にもつながってしまうので、実際に不用品回収業者を利用する場合は適当に業者を選ぶのではなく、正しく回収、処分してくれる業者を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

記事カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リンク