家庭で本格的なハウスクリーニングを実行する方法

ご家庭でもできる本格ハウスクリーニング  1

掃除をするときはスケジュールを立てる

お掃除を本格的に行うと考えると、大変な労力と時間が必要になります。
そのため、家中丸ごとハウスクリーニングを行うと考えた時はまずスケジュールを立てましょう。
玄関から始めてシンクと換気扇、その後にお風呂場といったお掃除の流れを組み立て、その後、玄関には30分、シンクに30分、換気扇に30分などとかける時間も考えていきます。
お掃除の流れを組み立てると無駄な動きがなくなり限られた時間に集中することができるため、効率よくキレイにすることが可能です。

 

本格的に掃除をしようと考えたら道具にもこだわろう

ご家庭でもできる本格ハウスクリーニング  2

本格的なハウスクリーニングを自分でやろうと考えている場合は、使用する道具を揃えることも重要です。
お掃除だけでなくお料理にしても、お裁縫にしても、その道のプロは道具にこだわると言われていますので、本格的に掃除をしようと考える際には道具にも気を配りましょう。
ただ、だからといって高額な道具を買ったりする必要はなく、家にあるものを工夫して効率よくお掃除をしてください。
例えば、窓拭きは新聞紙を使って一定方向に拭くと驚くほどキレイになり、シンクの汚れはクリームクレンザーを用いると簡単に汚れを落とすことができます。
ただ、クリームクレンザーをわざわざ買う必要はなく傷をつけない程度に研磨剤が入っていれば良いので、実は、歯磨き粉でも汚れを落とすことが可能です。

 

外せるものは外してから掃除をしよう

ご家庭でもできる本格ハウスクリーニング  3

コンロや換気扇など、汚れがひどく徹底的に掃除しようと考えている場合は、最初に外せるものは外してから掃除をするといいでしょう。
もちろん外さずに掃除をすることも可能ですが、細かい所までは手が届かないために中途半端な状態で掃除完了となってしまいます。
換気扇は外して掃除する、冷蔵庫は分解して掃除するなど、ひと手間を加えるだけで掃除できる範囲が広がり掃除しやすくなるので、面倒でも先に分解しましょう。
ただ、分解するときにはどのように組み立てられていたのか、覚えておく必要があります。
分解して掃除をしたのは良いけれど組み立てられないとなっては後で困りますので、分解している過程をスマホなどで撮影しておく、もしくは説明書を準備しておくなど、対策をたてた上で実行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関西全域 不用品・粗大ごみ 回収します!

カテゴリー

記事カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク