Column

思い出の品と共にいつまでも

形に残る物だからこそ偲ぶことが出来ます 命ある限り、いつかはこの世を去るのは必然のことです。 誰にでも平等に訪れる肉体と魂が離れる日、それは誰にも止める事は出来ません。 人は人生にどれだけ込めて生きたかということが重要で、限りある命だ…